週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[753] [752] [751] [750] [749] [748] [747] [746] [745] [744]
前回まで、着地では弧が基本であることを見た。

ここでは、弧がどのようにできるかを見る。

最終的に弧ができるまでの動きは、例えば次のようである。











これを、3つに分ける。

まず、片足が確実に地面についているものを取り出す。






これは、地面からの力を受けて動く過程と言える。

次に、両足が空中にあるものを取り出す。






これは、地面からの力を受けずに動く過程と言える。

その間にあるものを中間状態とする。



並べると次のようである。

地面





中間


空中





片足が地面についた状態から、中間状態までの動きは、次のようである。





前方に体を伸ばしつつ、左足を前に出している。

ここでは、左足の横方向への移動はほぼ見られない。

中間状態後の動きは次のようである。





左足が、体の内側へと移動し、弧が形成される。

中間状態の前と後で、主要な動作が異なっている。

前半は、前方に体を伸ばしつつ、左足を前に出すことが主要な動作である。



後半は、左足をイン側に動かし、弧を作ることが主要な動作である。



中間状態の前後で主要な動作が異なり、その意味において動きが分割されている。

弧は、分割の後半、中間状態の後に形成される。

中間状態の後、両足は地面から完全に離れている。



弧は、体が空中にある状態で形成される。






これは、弧が体内部の力を用いて形成されることを意味する。

体内部の力とは、選手自身の筋肉よって発生する力を指す。

空中で体に作用する力は、重力、大気からの力、体内部で発生する力である。

このうち、重力と大気からの力に、大きな弧を発生させる能力はない。

それがあるのは、体内部で発生する力のみである。

例えば、ジャンプして体内部の筋肉を引っ張れば、手足などの相対位置を変えることができる。

空中においては、それに類する力のみが、体内部に弧を発生させうる。

上の動作の特徴は、次のようにまとめられる。

まず、中間状態の前後で、動きが分割される。

前半





中間


後半





前半部分では、前方に加速し、左足を前に出す。





これは、地面からの力、体内部の力、両方を用いて行われる。

後半部分では、左足を内に入れ、弧を形成する。





これは、体内部の力を用いて行われる。

動きの分割と、体内部の力を用いた弧の形成。







これが、上の動作の特徴である。

次に、別の例を見る。









これも、動きが分割される。

地面




中間


空中




地面からの力を受ける部分では、前に加速しながら、右足を前に出すことが主要な動作である。




地面からの力を受けない状態では、右足を内側に入れ、弧を作ることが主要な動作である。




動きが分割されており、体内部の力で弧が形成される。





前のものと比べると、次のようである。





さらに別の例を見る。











これも、動きが分割される。

地面





中間


空中





動きが分割されており、体内部の力で弧が形成される。





最初のものと比べると、次のようである。





比較のため、動きが分割されない例を見る。











地面と空中、その間に分ければ次のようである。

地面





中間


空中





前半部分において、左足はイン側に向かって動く。





後半部分においても、左足はイン側に向かって動く。





中間状態の前も後も左足は内側に向かって動いている。

中間状態の前後で同じ動きが見られ、その意味で動きは分割されていない。

また、踏み切りの後、体内部の力を用いて姿勢を大きく変える様子は見られない。







その意味においても、動きは分割されていない。

分割されるものとの比較は次のようである。





2つは、本質的に異なる動作である。

以上では、足を体の内側に動かす例を見た。

外側に動かす例を見る。











分割は次のようである。

地面





中間


空中





前半では、地面からの力を用いて、上に向かって踏み切る。




後半では、体内部の力を用いて弧が形成される。




動きが分割されており、体内部の力で弧が形成される。





動きの分割、体内部の力を用いた弧の形成という点で、最初に見たものと一致している。





次も、体の外側に足を動かす例である。









分割は次のようである。

地面




中間


空中





地面からの力を受ける部分では、前に加速し、左足を前に出すことが主要な動作である。




地面からの力を受けない状態では、左足を外に動かし、弧を作ることが主要な動作である。




動きが分割されており、体内部の力で弧が形成される。





最初のものと比べると次のようである。





次も同様である。











分割は次のようである。

地面





中間


空中





地面からの力を受ける部分では、前に動きながら、右足を前に出すことが主要な動作である。




地面からの力を受けない状態では、右足を外に動かし、弧を作ることが主要な動作である。




動きが分割されており、体内部の力で弧が形成される。





最初のものと比べると次のようである。





ここまで見たように、弧は、分割された動作において、空中で、体内部の力を用いて作られる。









次に、これらの動作の特徴を見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター