週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658]
前回、一人の選手が日常的に浮くことを見た。

ここでは、別の選手のプレーを見る。

これまでに、次の状態で浮くものを見た。




以下は、同じ選手によるプレーである。








浮いた状態


















浮いた状態






















浮いた状態























































浮いた状態


































浮いた状態

















浮いた状態










浮いた状態




浮いた状態











































これは、全体が一つながりのプレーである。

具体的には、1962年ワールドカップのスペイン対ブラジル、アマリウドの決勝ゴールにつながるプレーである。

最初から最後のクロスまで、一切パスを行わずドリブルだけでつないでいる。

その中の浮いた状態を抜き出すと以下のようである。










頻繁に浮きながらドリブルを行っている。

これは、この選手にとって、浮くことはドリブルの基本として存在することを意味している。

言葉を変えるなら、この選手にとって浮くこととドリブルは不可分であるといえる。

次も、浮くことと基本の関係について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター