週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654]
前回は、ニュートラルな体勢で浮くことにより、守備者に対し先手を取る例を見た。

ここでは、浮くことが姿勢の回復につながることを見る。





























途中、体が斜め後方に傾いた状態にあった。



そこから軽く浮く。



これにより、姿勢が回復される。



このように、浮くことには姿勢を回復させる効果がある。

このような回復を行わないプレーは、次のようである。



































足を大きく伸ばし、アウトでボールに触る。



これを見た守備者は、足を止めるはずなので、その逆を取り前に出ようとする。



しかし、体がついていかず、バランスを崩す。



これは、足を滑らせたなどの外的要因によるミスではない。

プレーの初期段階で、傾いた状態であった。



この体勢から動きと動きを無理につなげようとしたために起きた失敗である。

このような失敗は日常的に起きている。

1人、2人と抜いたはいいが、自らのバランスを崩す。このため、次の相手に簡単にボールを取られる。
もしくは、直後のパスを相手に渡してしまうといったプレーである。

ドリブル後のバランスが悪いために起こるミスは非常に多い。

同様の状況における別のプレーは以下のようである。






















































足を伸ばし、ボールに触る。



一度浮く。



肩、腰、膝、足がより平行に近い状態に移行している。

体を当てながら前に向かう。



手で体を押さえられる。



体を入れかえる。



膝を蹴られる。




初期の姿勢は次のようであった。




一方はそのまま動き、他方は浮く。




結果として、前者は簡単にボールを失い、後者を止めるためにはファールが必要であった。




動きと動きを無理につなぐことは、自ら崩れることにつながりやすい。

そこに、浮く動作を挟むことにより、姿勢は回復される。

いわば、浮くことが動きと動きをつなぐ役割をはたす。

これは前に見た例でも見られる。






















浮く前は、やや右に傾いた状態にある。



浮くことにより、より歪みのない状態に移行する。



一度この状態を挟むことにより、動作と動作が無理なくつながれる。

いわば、プレーが滑らかに移行する。

動作の移行が滑らかなことは、上手い選手の特徴であると言える。

ここまで、浮くことの特徴を見た。

次に、それを利用したプレーを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター