週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652]
前回は、ニュートラルな体勢で浮かれた時に、守備者が次の行動を待って反応する例を見た。

ここでは、逆に浮いた状態に対して、ボールを取りに行く例を見る。











浮いた状態





















浮いた状態


4フレーム後


浮いた状態を見て飛び込みを開始している。

結果、以下のようになる。



ボールに届く前にかわされている。

次も同様である。







浮いた状態


















浮いた状態


4フレーム後


結果


やはりかわされる。

浮いた状態では、ボールが完全に守備者に対してさらされている。




また、両足が空中にあるため、ボール保持者は体の移動方向を変えることができない。

このため、飛び込めばボールに触れるように感じられる。

しかし、守備者が飛び込んでボールに届くまでの時間より、浮いた保持者が落ちながらボールに触るまでの時間の方が短い。

このため、かわされてしまう。




飛び込んで取れない場合、守備者は相手の行動を見ざるをえない。

これが、浮くことで守備者を受身に回すことができる理由の一つである。

次に、浮くことと崩しの関係を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター