週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[658] [657] [656] [655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648]
前回は、幾人かの選手のアウトで切り返す前に浮く例を見た。








すべて、切り返す前に軽く浮いてニュートラルに近い状態を経由していた。

ここではそれを経由する意味を見る。



この状態を経由する一つの意味は、前後のプレーの相関を切ることであると考えられる。

具体的には、この図から、それまでどのようなプレーが行われたかを言い当てることは困難であるということである。

まず、そこに到るために、右足で踏み切ったのか、左足で踏み切ったのか、それとも両足で踏み切ったのか、それを特定することは難しい。

加えて、前の段階で、真っ直ぐに向かって来たのか、右にターンしてきたのか、左にターンしてきたのか、それを言い当てることもほぼ不可能である。

実際のプレーは以下のようであった。














浮く以前には、右方向にターンし、左足で踏み切っている。
しかし、その情報は、浮いてニュートラルな体勢をとることによりほとんど失われる。

これは、浮きニュートラルにより、前後のつながりが切断されることを意味している。

守備者は、攻撃者の次のプレーを予想しながらディフェンスしている。

予想とは、前の動きから次の動きを読むことであり、前後の相関が切れるとそれは不可能になる。

一般的に予想できないプレーをする選手を上手といい、ニュートラルな状態で浮くことはそれに通じると考えられる。

次も、浮くことと予想の関係を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター