週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[543] [542] [541] [540] [539] [538] [536] [535] [534] [533] [532]
・軸足側に旋回しながらの楔型と弓型インステップキックの比較
(クリスティアーノ・ロナウド、0809チャンピオンズリーグ決勝バルセロナ戦、0910CLグループリーグマルセイユ戦)

同じ選手による、シュート地点の類似した、楔型と弓型を比較する。
左側が楔型、右側が弓型である。
楔形は、軸足側に旋回しながらのもの。
弓型は、「遠距離からのインステップキック」「遠距離からのインステップキック」で見たものと同じである。

-シュート地点



-モーション


































以前、左の蹴り方を弓型と楔形の複合と分類したが、この比較から見ると楔型からの派生とする方が妥当であると考えられる。

-踏み込みの姿勢



一見良く似ていおり、両者ともに弓型にそっている。しかし、詳細に見ると、左の楔型の方が体が立っていることがわかる。

-体の傾き







楔型は、縦へと沈み込んでいく。これに対し、弓型は上体が後ろにのけぞる。

-インパクト





楔形は、体がボールにかぶさる。弓型は上体が後ろに残る。


・楔型、足の拡大

軸足が一度沈んだ後、上に伸びる様子が見える。


















・楔型、フォロースルー

体が縦に折れる。この前の動きに興味がもたれるが、映像はない。





・楔型、ボールを捕らえる場所





次に、楔型で体全体を傾斜させて蹴る例を見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター