週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479]
正しいインサイドキックは、相手と正対した状態から、左右に蹴り分けることに向いている。
以下に実例を見る。
足をひねり、蹴り足側に出すモーションを途中でキャンセルし、軸足側に蹴る。
裏から表への変換の一種である。

左からのボールをコントロールする。



相手方向を向く。






正対しながら、軸足を踏み込む。









インパクト






転がるボールに対し、ディフェンスはまったく反応できていない。








ラインの裏に抜けたフォワードがゴールを決める。













蛇足ながら、このシュートは、インステップでファーに打つフェイクから、インサイドで股を抜いている。
いわゆる、ステップサイドの股抜きバージョンである。
ステップサイドについては、こちらの後半部分を参照されたい。

モーション拡大図

相手方向を向く。





正対して踏み込む。
踏み込んでプレーベクトルを前に向けることが、相手を騙すの前段階として重要であることは、以前に見た。



踏み込みながら、体を蹴り足方向、つまり、実際に出すパスとは逆方向に向ける。






ひねりながら蹴り足側に蹴るモーションを止め、足を縦方向に振る。














攻撃を有効に終わらせるためには、相手と正対し、その方向に踏み込んだ後に技をかけることが極めて大切である。



この点については、以前にも別の選手の例を見た。

攻撃が上手くいかないチーム、攻撃が下手なチームは、結局、これをできる選手がいないことが多い。


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター