週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479] [478]
この文は、「正しいインサイドキックとは」における、表と裏の複合に関係している。

下の配置において、右から来たボールをコントロールした後、赤い矢印のフェイントを見せ、ディフェンスを黄色方向に釣った後、白い矢印の方向にパスを通す。



右から来たボールをコントロール。



正面より、左方向を向く。







一度右足アウトでボールを突く。





左方向にパスを出すように軸足を踏み込む。
インサイドを蹴る踏み込みが軽いのは、この選手の特徴である。






ここから右胸を引く。



足をひねり、インサイドで縦に蹴る。








完全にディフェンスの逆を取る形でスルーパスが出る。



この後、下図の、中盤で黄色い矢印のついている選手に注目いただきたい。



その選手の動きを追うと、赤いパスにつられ、前に出ていることがわかる。






該当選手は、パスとは逆の方向に動いている。



完全な形でスルーパスが通り、ゴールが決まる。







ユーロの決勝でも、シャビはこのインサイドの表裏変換によりスルーパスを決め、チームを勝利に導いた。
基本技術がいかに大切かを物語っている。

また、この蹴り方において、足にひねりを加えているのは明らかである。
ひねりを加える蹴り方で、十分な精度が出ることがわかる。
誤った蹴り方であるパター型が必要ないことの、ひとつの証拠である。

別角度から動きを見る。
























参考:踏み込み時の上半身の向きと、インパクト時の向き

シャビ



デ・ラ・ペーニャ


参考

デ・ラ・ペーニャの方がねじれており、シャビの方が、本当にパスを出す方向を向いていることがわかる。

相手を騙す効果は、デ・ラ・ペーニャの方が高い。
しかし、一般的な選手にとって参考になるのはシャビの方であると考えられる。


個人技術 正対からのインサイドによる蹴り分け


Rg
無題
上の記事で、踏み込みが軽いのがシャビの特徴だと書いていますが、「踏み込みが軽い」とは、具体的にどういう事なのでしょうか?
y2012/01/17 19:17z NAME[ロンド] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター