週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[454] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447] [446] [445] [444]
これは、「インサイドキック、表から表への変換」の続きである。

下の状態から、右足を踏み込む。



軸足の着地に向けて、膝が外に向けて開く






軸足着地



体を蹴り足側に傾けながら、体の正面に近い方向へのパスに釣られた選手の下を抜く。










パスが通った後






パスの距離が短く、モーションがコンパクトながら、原理は、前回のインサイドの表表変換とまったく同じである。

インサイドの表表変換について、下の3つのパスを見た。



長い距離でも短い距離でも、ピッチの中央でもサイドでも、前へのパスでも後ろへのパスでも、どの場合にも有効であり、応用範囲の広い技術と言える。

次に、インサイドキックとインステップキックを統合することを考える。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター