週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323]
「さて」

「ポドルスキーのボレーシュートについてやな」

「簡単に言うと、彼はペナルティーエリアの左側から打つ時、右に踏み込んで逆に打つ」

「下の写真がそれやな」



「これは、クロアチア戦で、落ちてくるボールに対して、赤い矢印の方向に踏み込んでいるのがわかる」

「ちと見にくいけど、右のファーポスト方向やな」

「しかし、実際のシュートは左のニア方向に飛ぶ」



「ゴールが決まった場面を見ると、キーパーはニア側に倒れている」



「これをやられると、ゴールキーパーとしては止めるのが非常に難しい」

「ファーを捨てて最初からニアに飛ぶわけにもいかんしな」

「次は、前回のポーランド戦」



「右方向に踏み込んで」

「左方向に打つ」



「キーパーはやはりニア側に倒れる」



「得意技なんやろな」

「これも、前回のパスに続き、良い選手も、ある特定の状況では、大体いつも同じ技術を用いて状況を打開しているということの補強になるのではないかと思うわけやな」

「この二つのゴールは、こちらこちらでごらんになれますので、比較していただければと」

「そんなこんなで」

「また次回」

「今回は、愚痴編はなしか」

「ポーランド対スイスで、あれをPKにするなら、今後あの手のプレーはすべてPKにせな怒るで、という愚痴は言いたいところやな」

「あれか」

「ビデオはこちら

「というところで」

「今回はこの辺で」

「ご機嫌よう」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター