週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322]
チェコ 1-3 ポルトガル

「ポルトガルが、トルコ戦に続いて勝利」

「早々とグループリーグ突破を決めた」

「強いな」

「確かに強い」

「しかし、この試合は楽ではなかった」

「楽ではないというより、非常に苦しい時間が多かった」

「とりあえず、先発からやな」



「とりあえずビールみたいなもんやな」

「双方1-4-1-4-1」

「数字は同じでも中身はまったくちがうところが面白い」

「ポルトガルは、中盤でのつなぎを重視し、チェコは相手を中盤で食い止めてカウンターを狙っている」

「チェコは、3番のポラークと17番のマテヨフスキーがデコとモウティーニョを執拗にマークしていた」

「そこがポルトガルの要やしな」

「前半はというと、チェコが良かった」

「チェコが良かったというか、ポルトガルが自分の首をしめたというか」

「なんというか」

「クリスティアーノ・ロナウドが鳴かず飛ばずだったこともあるが、プティとデコが前に急ぎすぎで、特にデコに狙いすぎかつ無理しすぎのパスが目立った」

「例えば下のパスやな」



「ポルトガルは下に攻めている」

「デコは、マイナスにドリブルをして、ピンクのパスをフェイントにして、青い方向に出す」

「これは、中盤での手筋で、相手の逆を取ることができる」

「下がるドリブルをすると、相手は背中からプレッシャーをかけてくる。そこで前にパスを出すことにより裏を取る」

「青い丸で囲まれた選手はそれにひっかかるからそれはそれでいい」

「ところが、一つ怖い意味がある」

「赤い丸で囲まれた選手の動向やな」

「彼が前に出てこれをカットされると、カウンターからものすごいピンチになることが多い」

「パスを出す先の、一つ後ろのディフェンダーの動向をつかんでいないと危ない実例やな」

「さらに、狙いすぎの例としては下のようなパスがある」



「ゾーンの間に置いておくパスというやつやな」

「相手ゾーンの中にボールを止めるように出して、それを味方が拾うというパスで、上手い選手ほどこれを狙う」

「ところが、前半のデコは天才すぎて、とんでもなく狭いゾーンでそれをやっていた」

「ゾーンが狭ければ、いかに上手く間に置いたとしても、敵に回収される確率が高くなる」

「敵に回収されれば、速攻から逆襲をくらう」

「それが前半のポルトガルやな」

「無理筋を狙う、変な形でボールを失くす、速攻をくらう、ディフェンスが後追いになる、ピンチ、という流れは非常によろしくなかった」

「逆に言えば、チェコは非常によろしかったと」

「まあそうなる」

「これを、後半からどう修整するかといえば簡単で、無理に前に出さず、じっくりパスを回した後、相手の崩れを見てしかけていけばいい」

「ビデオをお持ちの方は、前半と後半開始からのデコだけに注目してごらんになるとそれがよくわかるのではなかろうかと」

「これで、明らかにプレーの良くなったポルトガルは、63分に勝ち越し点を奪う」

「さて、これでどうなるかと思っていると」

「チェコは、67分と72分に交代を行い、マテヨフスキーをブルチェクに、ガラセクをコーラーに代えた」



「でっかいコーラー登場やな」

「これにポルトガルは応手を放つ」

「でっかいコーラー登場の3分後にモウティーニョを下げて、メイラを入れる」



「この狙いは明白で、高さには高さを、ということやな」

「コーラーが下がってハイボールを受けるなら、メイラがそれに競りかける。センターバックの前で高いボールを受けようとするなら、メイラがその前で壁になる」



「これはフィリパオで良く見る交代やな」

「相手が放り込み来る時は、後ろにヘディングの強い選手を入れる」

「もう一つは、下の意味やな」



「サイドからの放り込みに対して、センターバックの間に入ると」

「これも良くある対策ではある」

「昔、レアルマドリーで、中盤のエルゲラがイエーロとパボンの間や脇に入っていたのと同じ感じか」

「話が古いな」

「チェコは、試合終了までハイボールをしつこく送ったものの、ポルトガルはそれをしのぎきった」

「しのぐばかりか、終了間際には、デコの絶妙な技から追加点をあげた」

「素早いフリーキックやな」

「それはこちらからご覧いただくとして」

「ポルトガルとしては、前半苦しんだ部分を後半修整して勝ち越し。相手の勝負手も見事に受けきった、見事な勝利だった」

「苦労しただけに意義深かったのではないかと」

「ただ、この試合で、いくつかポルトガルの弱点が見えた」

「一つは、セットプレーに対する守備やな」

「チェコのセットプレーは多くの場合、危険な状況を生み出していて、唯一の得点もコーナーキックからだった」

「もう一つは、テクニックにおぼれがちなところ」

「前半か」

「さらには、ペペとボジングワの間」




「左サイドからペペの頭を越すようにセンタリングを上げられると、上の図の赤い部分が空く」

「例えば、ペペの前にフォワードを入れて、ボジングワの裏から選手をロールインさせるといった筋を狙われると苦労する」



「この辺りは、狙って行きたいところやな」

「最後に、一つ問題を」

「なんやいきなり」

「下のような流れがありました。最終的にどのようなパスが出たでしょうか。というのがそれやねんけどな」







「ふむ」

「初日の、ポルトガル対トルコを読まれた方はおわかりになるのではないかと」

「正解は」

「webで」

「ちゃうやろ」

こちら

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター