週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313]
「さて、下の状態から、どのようなパスが出たかといえば」



「縦に出た」



「これはどういうメカニズムかといえば、次のようになる」



「まず、赤い矢印が見え見えのワンツーのパスコースで、ここにフェイントを入れられると、ディフェンスはそちら方向につられる」

「体勢を見ると、右方向、黄色い矢印の方向に体重が移動しているのがわかる」

「その逆を取るから白い方向へのパスが通る」

「普通、ディフェンスはここを一番ケアするから、まず通らない」

「結局、下のようにペペがラインの後ろに抜け出した」







「これは、下のように、二つのパスの見合いを利用したことが鍵になっている」



「ここで一つ面白いことがある」

「なにがや」

「実は、敵のフォワードであるニハットもこれと同じ文脈のパスをリーガで見せている」

「ほう」

「以下の流れやな」

「まず、ピレスが中へドリブルで切れ込む」



「中央上の黄色い選手がニハットやな」

「そこから、彼にパスが出る」



「中央へ切れ込んでサイドにパスというのは、ペペの時と同じパターンやな」

「ボールを受けたニハットは、追ってくるディフェンスをかわすため、マイナスに切り返す」



「最終的に、下の状態になる」



「これが問題なわけや」

「そうなんか」

「その一瞬後の状態を、別角度から見ると、下のようになる」



「ふむ」

「ここからどのようなパスが出たか、というのが問題なわけや」

「正解は」

こちら


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター