週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316]
「注目のドイツが登場した」

「優勝候補の一つやな」

「その噂に違わず、完封勝利を収めたのではあるがだ」

「なんだ」

「負けたポーランドが実にいいチームだった」

「それは言えるな」

「今回はその辺りを見ていこうかと思うわけや」

「よかろう」

「まず、先発はこう」



「ドイツは1-4-4-2、ポーランドは1-4-2-3-1」

「開始直後は、確かにこの配置だった」

「しかしながら、ポーランドはすぐに下の図に変わる」



「最初は、トップに9番のジェラフスキ、その下に8番のクジヌベク、左に7番のスモラレクだったものが、時計回りに一つづつずれた」

「これは、どいういう意図やったんやろな」

「この後の交代から判断すると、スモラレクではラームをマークしきれないので、クジヌベクを当てようという意図だったと思われる」

「ちなみに、このクジヌベクという選手のポジション移動がこの試合の鍵を握る」

「まさにキーマンだったので、8番、クジヌベクの名前は覚えておかれるとよろしいかと」

「それはさておき、ポーランドの攻撃における構造はこうなっていた」



「下から上に攻めているわけやな」

「まず最初に目を引くのは、ボランチ、18番のレワンドフスキからのサイドへの展開やな」

「あまりにもキックが上手すぎて目が飛び出そうだった」

「そんなおおげさな」

「いや、あれだけの速度と精度で蹴れる選手は今のリーガにはいない」

「1-4-2-3-1や、1-4-3-3のようなシステムは、サイド前方の選手に長い斜めボールが通らないと意味がないから、その点では選手とシステムの相性はええな」

「もう一つの特徴は、左サイドバックから右サイドバックへの矢のようなサイドチェンジで、そこから早く縦に送ることで相手を崩す」

「4番のゴラニスキから13番へのワシレフスキへのボールやな」

「ちなみに、ゴラニスキは右利きや」

「ポーランドの攻撃が上手く行くのは、主にこの二つのパターンからになる」

「ただ、少々残念なこともある」

「第一のパターンで、レワンドフスキのボールを受ける、サイドの両選手やな」

「右が17番のウォボジンスキ、左が上でも出てきた8番のクジヌベク」

「この二人は、長いボールのコントロールに難がある」

「せっかくいいパスが来たのに、トラップが流れる」

「ワンコントロールで詰めてくる相手と正対して、そこから仕掛けていけばなんぼでもええ形が作れるのに、コントロールに手間をかけるもんだから、せっかくパスで得た時間的な余裕を無駄にしてしまう」

「もったいないオバケが出るな」

「さらに、左のグジヌベクはラームとの1対1でまったく勝てない」

「右のウォボジンスキは、どうにかコントロールした後の仕掛けではいい働きを見せていた」

「仕掛けていける選手なだけに、トラップの粗がなんとも惜しい」

「なんにしても、前半は、1-0とドイツのリードで終わる」

「開始後にドイツが攻めて、その後ポーランドが押し返す流れだった」

「そして、後半は、これまた面白い展開だった」

「リードを奪われたポーランドは、後半開始からゲレイロを投入する」



「トップ下やな」

「ゲレイロとはスペインっぽい名前であるな、と思っていたら、ブラジル人らしい」

「スペイン系やとゲレーロやろ」

「この選手が非常にいい味を出していた」

「下の形やな」



「中央から右に流れて、ワシレフスキからのボールを受けると、とにかくグニャグニャと左足でボールをキープする」

「その場で足踏みをするようにドリブルができるのは、ポーランドで彼一人やな」

「そこから、真っ直ぐ縦に突破したり、逆サイドに展開したり、相手を引きつけて周囲にスペースを作ったりする」

「ポーランドに足りなかった要素を一人で追加した感じだった」

「彼の活躍もあり、ポーランドは非常にいい時間を迎えた」

「ところが、65分にピシュチェクを入れてから様相が一変する」



「ゲレイロを左に置き、8番のクジヌベクを左のトップのような場所に置いた」

「これはどうしたことかと」

「クジヌベクは、ゲレイロと比較して狭いスペースでボールを扱える選手じゃないから、ぼろぼろとボールを失くす。おまけに、ゲレイロは後ろに走ると対した選手じゃないからラームに対する左サイドにも穴が空く」

「どう見ても、いいことなしやな」

「実際に、この後の時間はドイツに流れが移って、追加点まで奪われる」

「監督のベーンハッカーの意図が非常に気になる」

「右に流れすぎて、右の中盤と重なっていたから、それを解消しようとしたのかもしれん」

「結局、73分に点を取られた後、75分の交代ではポジションを元にもどしていることからも、非常な謎が残る」



「まあ、単純に失敗だったということちゃうかね」

「相手を一点から崩している時は、それを変えずに、むしろ補強する形の方がいいということやな」

「右で重なるなら、むしろ右の選手を中に入れて、逆サイドでは8番のクジヌベクよりもボールを受けて勝負できる選手、シュートまでいける選手、例えばスモラレクを入れる形とかやな」



「この方が良い可能性は高い」

「ポーランドにとって、65分から75分までは、魔の10分だったともいえるわけやな」

「実にもったいなかった」

「また、もったいないオバケか」

「ポーランドは強いが、あとっちょと人材が足りないのもおしい」

「トップにクローゼ、左サイドにポドルスキーでも借りてこられたら、抜群にいいチームなんちゃうか」

「それを借りたり買ったりできないから、手持ちの駒のみで戦うところに代表戦の醍醐味があるとは思うねんけどな」

「そういえばや」

「なんや」

「クローゼといえば、キックオフのすぐ後に、ラインの裏に抜け出してキーパーと1対1になった場面があったやろ」

「ゴメスにパスを出して、届かなかったシーンか」

「あれについて、スペインのテレビ局のページで、”ゴメスが完全にフリーで外した”と書いてあったわけや」

「そうなんか」

「あれは完全にクローゼのミスなので、その解説がこちらにあるというところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター