週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315]
ラインの裏に抜けたクローゼは、ボールを触りながら前に進む。

PKエリアに入る直前で、右足でボールに触り、右足で着地する。



以下、着地一歩ごとに見る。



次に右足を着地した時点で、ボールとの距離が空きすぎている。



本来は、この次がシュートのための踏み込みになるべきである。
しかし、ボールが離れすぎているためにそれができない。



これ以上前に進むと、キーパーとの距離が縮まり過ぎる。
よって、苦し紛れに横パスを選択した。
この時、ボールまでの距離があるため、体を大きく伸ばしてパスを出すことになった。



体が伸びた状態では、ボールに与える力をコントロールするのが難しい。
このため、パスが強すぎた。
ゴメスが届かなかったのは、それが原因である。



要するに、下の図においてボールを前に出しすぎたため、このプレーは失敗した。



下の状態からシュートを打てれば、クローゼは確実に決める自信があるはずであり、本人もそのつもりだった。



赤いシュートをフェイクにして、白いコースでもいいし、この場合はキーパーがニアに寄りすぎているので逆もよい。

このプレーは、ラン・ウィズ・ザ・ボールにおけるボールタッチの重要性をあらわしている。
このようなミスは、プロでも非常に多い。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター