週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309]
元の問題はこちら

シュートやパスで相手の足元を抜く場合、一度ディフェンスに正対すると良い。
正対とは、体の正面を相手の正面に向けることを意味する。
これは、相手の足を揃え、利き足方向にスペースを作る効果を持つ。
以下に具体例を見る。

0708シーズンチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー戦の42分におけるルーニーのプレーである。
ここでは、シュートではなくクロスが目的となっているが、フェイントなどのメカニズムは同じである。











ここで、ディフェンダーの重心が後ろにのっているのがわかる。
正対して前進する構えを見せることで、ディフェンスにこの体勢を取らせることができる。
一度相手を押し込むことにより、横へのドリブルが楽になる。









以上のように、一度相手と正対し、押し込む姿勢を見せられると、ディフェンスは横の動きに対する反応が遅れる。
この遅れを取り戻すために大きく足を出すため、その下を抜きやすくなる。
このようなパスは、俗に「股抜き」と言われる。
しかし、股を抜くよりも相手の軸足を意識し、その横を通す感覚を持つほうが良い。









片足で立つ人間は、軸足を動かすことができない。
このため、足元を抜いてシュートやパスを送る場合、その横を通せばカットされる心配はない。
よって、動きの中でマーカーの軸足を意識することは非常に大切である。
相手と正対する。一度正面へ押し込む。利き足方向へ切り返す。相手の軸足を意識しながらキックモーションに入る。足を返して軸足の横を抜く。
具体的には、以上の手順でこのプレーは行われる。

右足でシュートを行う時、角度の変更は下の図のようになる。



ピンクがフェイントのシュートコース、青が実際のシュートコースである。
一般的に、15度前後ずらせばよい。
インフロントからインステップ、インステップからインステップ、インステップからインサイドにサーフェスを変えて角度を変えることが多い。
基本的な状況において、このテクニック自体は難しくない。
踏み込んだ後、体の中心、肋骨のやや下側を後ろに引くようにすると蹴りやすい。
ラウールや、フォルランのシュートでもそれは見られる。
ラウールのシュートは、いわゆる股抜きであり、フォルランは違う。
しかし、軸足の点からみれば、ラウールは相手の軸足の内を通しており、フォルランは外を通している。
上の二つのシュートは、内側、外側の差があるのみで、軸足の横を抜くという点において原理的に同じである。

練習法

以下の点が大切である。

・相手と正対する
・一度正面へ押し込む
・利き足方向へ切り返す
・相手の軸足を意識しながらキックモーションに入る
・足を返して軸足の横を抜く

以上の手順を習得する最も単純な方法は、1対1からのシュートである。



この場合、キーパーを必要としない。
タイミングは、ファーに打つシュートがブロックされるタイミングで足を返すのが最もよい。
フェイントをかけるためには、先手を取る必要がある。この練習では、ドリブルで一度相手を押し込むことがそれにあたる。
パスを出す選手を用いる場合、下の練習も有効である。



この場合、一度正面を向いて押し込む必要はない。
また、軸足の内側だけでなく、外側を抜くシュートも重要になる。
下のような状況では、後ろからシュートブロックに来るディフェンスの足元を抜くプレーが有効である。



裏を取られた守備者は、あわてて足を伸ばすケースが多い。
シュートブロックに来た場合、ニア方向に踏み込んだ後、一瞬待ってから足を返せばちょうど逆サイドに抜ける。

この技術は、シュートやクロスにおいて、敵をあざむく最も簡単な方法の一つである。
下のような形では、スルーパスに使うこともできる。



応用範囲が広く、ぜひ身につけたい技術の一つである。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター