週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307]
マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー

ゲームプラン

チェルシーの先発は、非常に高い確率で次のようになる。



左にカルーを置けばカウンターの威力が増し、マルダを置けば守備的に安定する。
チェルシーは、下のように引いて守る。



ボールを奪った後、ドログバへ、もしくは、サイドへのロングボールからカウンターを行う。
この目的のため、押し込まれた側と逆の選手は前に残る。
左サイドを攻められた場合、右のジョー・コールが高い位置を保つ。



チェルシーとしては、マンチェスターが短いパスをつないで攻めてくる方が望ましい。



これは、1-4-1-4-1は、相手ボランチへのプレッシャーをかけやすいシステムであり、1-4-4-2のパス回しを寸断するのに適しているからである。



中盤でボールをひっかけてカウンター。
これがチェルシーのパターンである。
ユナイテッドが、あえてそれに立ち向かうなら、下のような先発が考えられる。



1-4-1-4-1に対抗するためには、プレッシャーのかかりにくいディフェンスラインからの組み立てが鍵になる。
ここのため、サイドはブラウンよりもハーグリーブスの方が良い。

しかし、このように組まれる可能性は低い。
プレッシャーのかかる試合ではミスがでやすいことを考えても、相手の得意な土俵で戦う必要はない。
チェルシーのように、中盤の守備が堅いチームに対しては、そこを飛ばすのが最も簡便な対策である。



ディフェンスや、中盤のラインも無理に上げず、相手にボールを持たせる形にすればよい。
その方が、チェルシーにとっては苦手な形である。
この場合、マンチェスターの先発は以下のようになる。



チェルシーのドログバと比較して、クリスティアーノ・ロナウド、テベスはロングボールを受けるのに適しているとは言い難い。
その不利をおしてでも、中盤を飛ばす方が良い。
前半は、相手の固い部分を避け、スペースの生じる後半に勝負をかけるのが妥当である。


交代:チェルシーが不利な場合

左にマルダを置いた場合、チェルシーの先発は次のようになる。



チェルシー不利の場合、つまり、得点が必要な場合の交代は次のようになる。



さらに時間が進んだ場合、中盤の選手を外してシェフチェンコを入れる。



これに対し、マンチェスターは、サイドの選手を代えて対抗する可能性が高い。



最終的に、テリーを上げたパワープレーも考えられる。



その場合、5バックで対抗するのが妥当である。




交代:マンチェスター・ユナイテッドが不利な場合

先発を次のように仮定する。



ここからマンチェスターが攻める場合、その変化は多岐に渡る。
例えば、サイドを代えるならば、下のような交代が考えられる。



疲れやすいサイドを、攻撃に有効な選手に代えている。
しかし、同じメンバーで、下のような配置も可能である。



相手のチェルシーは、守備において変化の少ないチームである。
ジョー・コールをカルーかマルダに代えた後は、80分過ぎまで交代を遅らせる可能性が高い。
これは、先発の状態で十分に守備を重視していることと、控えに先発以上の力を持つ選手が少ないためである。
その意味において、チェルシーの対応は読みやすい。
しかし、それに対して、上記のどちらが有効か、断言することは難しい。

ユナイテッドの攻撃における変化が多い理由は二つある。
一つは、前線で複数のポジションをこなす選手が多いためである。
もう一つは、ベンチに先発と同等かそれ以上の攻撃的才能を持った選手がいるためである。
このため、可能な組み合わせの数が非常に多い。
例えば、サハを使う場合、次のような形も考えられる。



選択肢が多い、というのは、一般的によいことである。
しかし、あまりにも多すぎる場合、迷いを生じさせる原因となる。
無数の可能性の中から、最適なものを選び出すのは常に難しい。
この試合において、戦術的に最も興味深いのは、マンチェスター・ユナイテッドがリードされた場面での交代と配置の変化である。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター