週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [279] [278] [277]
「首位のレアル・マドリーは、マジョルカと引き分けた」

「1-1やったな」

「2位のビジャレアル、3位のバルセロナは差を詰めるチャンスだったわけだが」

「両チームともこけて、7ポイント差は変わらず」

「なかなか縮まらないもんやな」

「マドリーこけたらみなこけるというのが流行やしな」

「けったいな流行やな」

「とりあえず、先発はこうやな」



「両チーム普通といえば普通かね」

「マジョルカはイバガサを中央に置いて、そこからの組み立てを重視したタイプやな」

「イバガサは、トップ下や左で使われることもある」

「マドリーはディアラとバチスタを外して、中盤から前に上手い選手をそろえたタイプの布陣を採用している」

「まあそうやな」

「そんでや」

「なんや」

「一口に上手いと言っても、色々と種類がある」

「まあそうやな」

「この試合では、マドリーのゴールシーンで、一つ典型的な上手さをあらわすシーンがあったので、それを見てみようと思う」

「ええで」

「まず、一つ目は下の写真や」

「中盤でガゴがボールを受けた場面か」



「一番上の写真で、ガゴがボールを受けて、サイドに一人選手が余っている」

「ロッベンやな」

「そこを有効に使おうと思えば、赤い円で囲まれたディフェンスを消してしまえばいい」

「その選手が一番サイドに近いからな」

「それをどうやって達成するかといえば、2番目の写真のように、ボールを持った選手が真っ直ぐそのディフェンスに向かっていけばいい」

「いわゆるピンという奴やな」

「ディフェンスというのは、向かってこられると進路を空けるわけにはいかないから、その方向にピン止めされた状態になる」

「それによって、点線のゾーンが空くわけやな」

「そして、十分に敵を引き付けてからボールを離せば、めでたくサイドにフリーの選手ができる」

「定石といえば定石やな」

「まったく同じ状況が下でも見られる」

「これは、上でサイドに出たパスを、前に出たロッベンが受けた場面やな」



「サイドでボールを止めたロッベンは、中央を向くと、最も近いディフェンダーに向かってドリブルをはじめる」

「その狙いは、要するに、2枚目の写真にあるゾーンを空けることやな」

「さっきと一緒で、進行方向に敵をピン止めして、その横にスペースを残す」

「そこから一気にドリブルで縦に抜けるわけやな」

「最後のプレーがパスかドリブルかの違いこそあれ、使われている手筋はまったく同じなわけや」

「そうやな」

「以上のプレーは当たり前といえば当たり前なわけだが、下手な選手がやれば下のようになる」



「ふむ」

「要するに、敵に向かわずに最初からスペースに向かい、結局ディフェンスをそちらに寄せてしまって、肝心な場所を埋めてしまう」

「下手というか、何も考えずにプレーすると、選手は大体赤い矢印のように動くな」

「それは結局、下手ということなんや」

「そうなんかね」

「サッカーにおける上手、下手の最初の分かれ目は、ボールを持った後、どれだけ目の前の敵に正対できるかで、それができない選手はいつまでたっても二流なんや」

「ほほう」

「それで、ドイツワールドカップの日本代表で、最もできなかった部分がそこなんやな」

「まあ、あれはチームが上手くいってなかったしな」

「チーム云々の前に、あれだけ相手に向かうことができないのは個人としての能力の問題やで」

「しかし、なんで今さらそんなことを持ち出すんや」

「この前、フェネルバッチェとチェルシーが試合をしたやろ」

「したな」

「フェネルバッチェの監督はジーコやろ」

「ジーコやな」

「今のジーコのサッカーには、日本代表監督をしたことで学んだことがいかされていると思うんや」

「それはそうやろな」

「その一方で、日本はジーコから学んだことをどのくらいいかしているのだろう、と考えると、どうにも心もとない」

「まあ、失われた四年らしいからな」

「失われたと断言する以上、そこから得たものがないというこやろ」

「そうなんかね」

「ジーコが学んだことをいかして、日本がジーコと過ごした時からなにも学ばず、学ぼうとする意思も薄弱であるとしたら、それはどういうことなんだろうかと思ったわけや」

「ジーコは自分が失敗したから、そこから学んで当然で、その失敗の犠牲者である側は学ぶことなどない、ということちゃうかね」

「はたして、それで正しいんやろか、そんなことでは本当に失われた四年になりはせんのだろうか、などということを、つらつらと考える今日この頃であるわけや」

「さよか」

「チェルシー対フェネルバッチェ戦では、そのようなことを頭の片隅に置いて見られるのもいいのではないかというところで」

「また次回」

「ごきげんよう」


おまけ:マジョルカのラインコントロール



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター