週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[285] [284] [283] [282] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [270]
「さて」

「ついに総集編であるな」

「ここでは、各パターンの特徴をまとめながら、メリット、デメリットを見た上で、コーナーキック間のコンビネーションについて考えていこうと思う」

「よかろう」

「まず、ショートコーナーについては、2つのパターンあった」





「短く戻して横に入れるものと、長く戻してファーポストの前に入れるものの2種類やな」

「ショートコーナーの利点としては、なんといっても相手の虚を突くことができる点にある」

「直接エリア内に来ると思っているところに短く出されるわけやしな」

「一方、難点としては、パスの数が多くなるので、ミスが出る可能性が高くなることがあげられる」

「まとめるとこんな感じか」

ショート
メリット:相手の虚をつきやすい
デメリット:ミスの出る確率が高い

「そうやな」

「このメリット、デメリットを見ると、身長的に負けているチームや、ヘディング能力で劣るチームにとってショートは大切やということやな」

「それはあるな」

「特に、ショートの2種類の中でも、長く戻す方はほとんど高さ関係なしに決まるからお得やな」

「その代わり、長めの正確なキックを2本続けなあかんけどな」

「それは練習やな」

「ショートで短く戻すバージョンは、一番得点につながりやすい、ゴールエリアの縁からシュートが打てて、そこに近い距離からパスを出せるのが魅力やな」

「そのかわり、コーナーに近づく選手はより長い距離を走らなければならないので相手にばれやすい」

「まとめると次の感じか」

ショートで短く戻す



メリット:クロスを上げる場所がもっとも得点につながる場所に近い
デメリット:コーナーに近づくための移動距離が長い、DFにつめられやすい


ショートで長く戻す



メリット:もっとも高さを必要としない
デメリット:長いパスを2本必要とする

「使うときは、このような点を頭に入れておくといいということやな」

「そうやな」

「次はオープンか」

「オープンは、ワンタッチで決める時は、シュートをする選手の前方に2人の囮を入れると良かった」

「次の感じやな」



「そして、ニアでそらしてファーで決めるパターンがあった」



「オープンには主な筋として上の2つがあり、さらには、囮になる選手やシュートを打つ選手の動きにもバリエーションをつけやすい」

「その変化しやすさがオープンのメリットやな」

「一方のデメリットとしては、シュート地点がゴールから遠いというのがあげられる」

「ゴールから遠ざかるように蹴るわけやから、そうなるのは必然やな」

「さらには、クローズと比べると、ゴール前での混戦が起きにくい」

「ディフェンスもゴールから離れながら守備をできるので、クリアしやすいということやな」

「まとめると次のようになる」

オープン
メリット:バリエーションを作りやすい
デメリット:シュート地点がゴールから遠い、相手がクリアしやすい

「ところで、オープンで、ワンタッチでシュートするものとニアでそらしてファーで決めるものはどう使いわけるかね」

「同じ配置から違う技を出せるというのが強みやから、例えば2対1程度の割合で混ぜて使えばええのんとちゃうか」

「さよか」

「そして、最後はクローズやな」

「クローズの最大のメリットは、シュート地点からゴールまでの距離が短いことやな」

「近くから打てばそれだけ入る確率は高くなるからな」

「おまけに、ボールがゴールに向かってくるため、競り合いのあとこぼれたボールをクリアしにくい」

「一方のデメリットとしては、バリエーションを作りにくというのがある」

「2回以上のタッチで決める有効なパターンがないのが厳しい」

「おまけに、オープンよりもコーナーに近い位置でシュートを打たなければならないので、キックからシュートまでの時間的猶予が短い。その分タイミングを合わせるのが難しい」

「まとめると次の感じか」

クローズ
メリット:シュート地点がゴールに近い、クリアしにくい
デメリット:バリエーションを作りにくい、タイミングを合わせるのが難しい

「全体をまとめると次のようになる」

ショート
メリット:相手の虚をつきやすい
デメリット:ミスの出る確率が高い

ショートで短く戻す
メリット:クロスを上げる場所がもっとも得点につながる場所に近い
デメリット:コーナーに近づくための移動距離が長い、DFにつめられやすい

ショートで長く戻す
メリット:もっとも高さを必要としない
デメリット:長いパスを2本必要とする

オープン
メリット:バリエーションを作りやすい
デメリット:シュート地点がゴールから遠い、相手がクリアしやすい

クローズ
メリット:シュート地点がゴールに近い、クリアしにくい
デメリット:バリエーションを作りにくい、タイミングを合わせるのが難しい

「続いて、ショートとクローズ、オープンの組み合わせを考えてみたい」

「まずショートとクローズを組み合わせると次のようになる」



「直接ヘディングをするなら”あ”のゾーンに送り、短いショートならA→B、長いショートならC→Dと送る」

「3つのルートがあるわけか」

「ディフェンスとしては、まずこのゾーンにボールが来るイメージを持ち、しかる後にその裏のプレーをケアする必要がある」

「見る側としては、これを頭に入れておけば先が読めて楽しいわけやな」

「次にショートとオープンの組み合わせを考える」

「次の形やな」



「一応、4つのルートがある」

「αからゴールを狙う、βからファーポストを狙う、後はショートの2つやな」

「ただ、これで長く戻すショートコーナーは難しいやろ」

「長いのにショートというのは変やしな」

「そういうわけではなくてだ」

「まあ、この場合、右足でPKエリアを狙いながら、その角度にボールを戻すのは技術的に難しい」

「つまりは、赤を見せながらオレンジに蹴るのは難しいといことやな」

「おまけに20mくらいあるしな」

「不可能ではないけどな」

「その手のキックがうまい選手がいたら大丈夫やな」

「しかし、こうなると、オープンでは最初に狙う場所が3.5個、クローズでは3個になってあまり変わらんな」

「0.5と数えるのも根拠のない話やけどな」

「なんにしても、クローズは変化をつけにくいのが弱点だったが、ショートと組み合わせるとそうでもないということは言えるんとちゃうかね」

「オープンよりショートとの相性もいいしな」

「結論としては、下の感じか」

クローズ:バリエーションの少なさはショートで補うべし

オープン:ショートから長く戻すパターンは技術的に難しい

「さて、ここでや」

「なんや」

「以上のメリット、デメリットを考えた上で、オープンとクローズ、どちらが優れていると思うかね」

「キッカー次第、とかいう答えじゃあかんか」

「あかんな」

「そうか」

「キッカーは右足も左足も同程度に良い選手がそろっているとして、どうする」

「今シーズンのリーガでも、流派は結構わかれてるしな」

「例えば、アスレチックのカパロスなんかはオープン派やな」

「右のスサエタが右から、左のジェステが左から蹴る」

「レアル・マドリーのシュスターはまぜこぜ派かね」

「右のスナイデルが右から、左のグティが左から蹴ることもあるが、逆も良く見る」

「そうは言っても、やはり全体を見ればクローズに蹴られる割合の方が大きい」

「プロレベルではそんなことはないと思うが、”クローズは守りにくい”というフレーズが説得力を持つせいか、クローズに蹴るもんだと思っている人も多い」

「それで、結局どっちやねん」

「やはり状況しだいとしか言いようがないが、今後はオープンのメリットが見直されて、割合が増えていくやろな」

「さよか」

「そんなもんや」

「いまいち勢いに欠けるまとめやな」

「ほっとけ」

「なにはともあれ」

「今週はこの辺で」

「また次回」

「ちょっと待て」

「なんや」

「次回があるんか」

「あるで」

「最終回みたいな流れやったのに」

「次は、理論から出した配置と現実との対比とか、ショートに蹴った後にクローズに上げるかオープンに上げるかの違いとか、まあ雑多なことを議論するお時間なんや」

「そんなんかいな」

「ではまた次回」

「ごきげんよう」





Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター