週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[279] [278] [277] [276] [275] [274] [270] [273] [272] [271] [269]
・先発


サラゴサの新監督、マノロ・ビジャノバは、1-4-1-4-1を採用した。
中盤の左サイドにセルヒオ・ガルシア、右サイドにガビを配した。

・選手、ボールの動き


攻撃では、左サイド前方に位置するセルヒオ・ガルシアが中心となる。
ディフェンスラインからパレーデス、中盤からマトゥザレムがパスをさばく。
左から前に運んだボールを主にディエゴ・ミリートとオスカルがシュートにつなげる。
オスカルは、フォワードとボランチの中間にあたるこのポジションでもっとも能力を発揮する。
サイドバックは、右のディオゴが頻繁に上がる。

・攻撃における平均配置


ボールを持った際、各選手の平均的なポジションをあらわしている。
右のガビの縦に出る力が弱く、このスペースを活用するためにディオゴが上がる。
しかし、この方法ではディオゴに大きな肉体的負担がかかる。

・控え選手の具合


まんべんなくカバーされている。
セルヒオ・ガルシアが不在の場合、チームの機能が著しく低下する可能性がある。
これまで、左前方のポジションはアイマールの指定席であった。しかし、今シーズンは鳴かず飛ばずの状況であり、多くを期待することはできない。


・結論
1-4-1-4-1に向いた選手がそろっており、チームとしての矛盾は少ない。
ただし、左サイドをセルヒオ・ガルシアが持ち込んだ後、中央が薄く得点につながらない可能性がある。
これを改善するため、右サイドでディオゴを一つ前に出し、サイドバックにチュス・エレーロなどを入れる可能性がある。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター