週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[275] [274] [270] [273] [272] [271] [269] [268] [266] [265] [264]
先発


構造


6分にコロ・トゥレが負傷し、センデロスと交代した。
アーセナルは守備を重視した。特にフレブは、常にピレスを意識して動いていた。
この代償として、前線でアデバヨールが孤立した。このため、前半は攻めに力を欠いた。

ミランでは、オッドとカラーゼによくないパスが目立った。ネスタは狙いのいいパスを試みるが、コースを読まれやすい。
前半は、アーセナルが引いて守ったため、ここで自由にパスを回すことができた。
しかし、能力不足によりボールを失う場面が目立った。ここが改善されれば、中盤より前方の力が発揮される。
セードルフは、いわゆる奇兵として動いた。ゾーンの間を変えながら動き、守備を混乱させた。
パトは最前線でプレーした。
ボールキープに強みを見せたが、ラインの裏でボールを受けることができなかった。

後半開始


アーセナルは、フレブの動きを大きく変えた。
ピルロのマークよりも、中盤の裏、ディフェンスラインの前でボールを受けることを重視した。
これにより、アーセナルの攻めは劇的に改善された。
また、50分のネスタの負傷退場も攻撃を後押しした。
マルディーニでは、アデバヨールのスピードについていくことができなかった。
65分まではアーセナルが有利だった。しかし、70分前後からミランが再びペースを握った。
これは、相手の変化に慣れたためである。

85分


ミランが一度ペースを握った後、スペースを空けた攻め合いになった。
ミランは、ベテランが多く、スタミナに問題がある。
アーセナルが、前半を固く戦った主たる目的はそれを突くためである。
ミランは、85分にエメルソンを入れ、中盤の前のスペースを押さえた。
この流れは、昨年のマンチェスター・ユナイテッド戦と酷似している。

終了間際、アデバヨールがゴール前4mでフリーになった。
ウォルコットのクロスを頭で合わせたものの、シュートはバーを叩いた。
アーセナルは、勝てる試合を引き分けた。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター