週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[271] [269] [268] [266] [265] [264] [261] [260] [258] [257] [256]
「さて」

「なんだ」

「前回、オープンなコーナーキックでは、1回で決めるなら前に2人、2回以上で決めるなら前に0人を入れるといいという結論に達した」

「1回で決まり、前に2人が入るパターンはこう」



「2回以上で決まり、前に0人が入るパターンはこうやな」



「そこで、今回はそれを詳しく見ていこうという話であるな」

「うむ」

「まず、1回の場合から始めるとする」

「ええで」

「とりあえず、シュートが打たれた場所を眺めるとこうなる」



「なかなか集まりのいい図やな」

「ゴールエリアとペナルティースポットの間。ピッチの縦の中心軸からややファーサイド寄りとニアサイド寄りに集中している」

「大まかにゾーンを書くとこんな感じやな」



「そのゾーンは、どうやって決めたんや」

「本当は、真面目に計算して求めるといいんだろうけど、余裕で目分量だ」

「目分量か」

「うむ」

「それまた適当やな」

「サッカーは数学ではないから概略がわかれば十分なんや」

「ほんまかいな」

「ほんまや」

「そうか」

「次に、シュートを打つ位置がわかったとしたら、シュートを打つ選手がどこから走って来たのか気になるところやな」

「こうやな」



「横はペナルティースポットとファーポストの間、縦はペナルティースポットとペナルティーエリアの端の間に分布してると思ってええな」

「まあそうかね」

「ついでに言うと、最初位置からシュートを打つまでにどう動いたのかも気になる」

「となるとこれか」



「ファーに逃げたりニアに来たり真っ直ぐ動いたり、顕著な特徴は見られないように見える」

「そうやな」

「これで、シュートを打つ人間に関しては、最初の位置、走る軌道、シュートを打つ位置がわかったことになる」

「そうなると、次は囮の動きやな」

「シュートを打つ選手の前入る2人の動きやな」

「ごちゃごちゃいうのも面倒だから、結論を急ぐとこうなる」



「それはまた急ぎすぎやな」

「これから先ほどと同じようにしてゾーンを求めると、動き出しの位置は次のようになる」



「要するに目分量ということやな」

「結構分布が広い」

「なかなか表現が難しいところやけど、ペナルティースポットから45度に線を引いて、その左右3mに分布していると思えばそう外れへんな」

「ペナルティーエリアの端では大分ずれるけどな」

「それは脳内で補正しせなしゃあないで」

「そして、囮が走り込んだ後の最終的な位置はこうなる」



「これは要するに、シュートが打たれた瞬間にいる位置やな」

「ゴールエリアの縁の左角から中央までの線、その前後3mくらいに分布していいて、特にニアポストの前あたりに多い」

「以上を総合するとこういうことになる」



「なかなか面白いな」

「まずシュートが打たれるエリアが実はかなり限定されている点が興味深い」

「コーナーキックがオープンに蹴られる時は、まずこのゾーンに注目やな」

「そして次に誰がそこに走り込むかを考える」

「赤のゾーンにいて、一番ヘディングの強い奴が犯人になる確率が高い」

「犯人ってなんや」

「つまり、試合観戦中、”このコーナー、一発で決まるとしたら、あの選手があの辺りで決めるよ”とでも言っておけば、当たった時にヒーローになれるということか」

「ヒーローかね」

「それは色々ともてて人生ハッピーになれそうやな」

「自分もかなり妄想力の強い人やな」

「それにしてもだ」

「なんだ」

「赤と緑の重なりが大きいから、ニアに入る選手とシュートに行く選手の見分けは難しそうやな」

「そこが簡単にわからないから、守備は苦労するわけやけどな」

「それはそうやな」

「次に、オープンで2回以上のタッチで入り、エリア内で最初にボールを触る選手の前に誰も走り込まなかった場合を考える」

「うむ」

「これは4個しかないので、最初から1つの図にまとめるとこうなる」



「青い丸が最初にボールを触る選手で、赤い丸がシュートを打つ選手のものやな」

「その通り」

「ところでだ」

「なんだ」

「データは、4つあるはずなのに、シュートを打った印が3つしかないのはどういうことや」

「それは残り1つはオウンゴールだったから外してある」

「そいうことか」

「そうや」

「それにしても、サンプルの少なさは否めないところやな」

「そうではあるが、1回で決まるものと重ねてみると意外といい」



「確かに意外とええな」

「重なっている部分が多いから、同じ配置から両方に変化できそうでええやろ」

「1回で決めるパターンの囮が、2回以上で決める場合には最初にボールに触る選手になることができるわけやな」

「そのあたりを利用して一番効率的と思われるコーナーキックを設計したいわけではあるが」

「それはまた次回というところで」

「今回はこれにて」

「また来週」

「ごきげんよう」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター