週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[265] [264] [261] [260] [258] [257] [256] [254] [253] [249] [247]
「先週の末は、マドリード・ダービーが行われた」

「行われたな」

「その試合では、アウェーのレアル・マドリーが0-2で勝利した」

「正にいつも通りのダービーであったな」

「今週は、試合分析としてはヘタッフェ対セビージャをお送りするのですが、このダービーは外せないということで、ひとまず短信をおとどけしようかと」

「さようか」

「先発は次のようになっていた」



「アトレチコは中盤の底にモタが入り、いいパスさばきを見せていた」

「一方のマドリーは、中盤にガゴ、グティを並べいて守備に不安が多い」

「そこがどうなるか、というのが注目だったが」

「開始40秒で試合の方向を決定づける出来事が起こってしまう」

「下の流れやな」




「見事に理解不可能な流れであるな」

「一般的にはパブロのパスミスだけがクローズアップされているが、上から2番目のペレアのミスも同程度に酷い」

「同程度というか、パブロはライン際に追い込まれていて、ペレアは周囲360度どこにも敵がいないことを考えると、そちらの方が信じがたいミスであるともいえる」

「ちみに、上の連続写真では矢印があるので流れがわかるが、それを外すと見事に意味がわからなくなる」



「①からどこをどうやったら②の状態になるのか、謎の多いところではあるな」

「そして、もう一方はこうなる」



「AからBは、あるといえばあるかもしらんな」

「ディフェンスがもたもたして取られたのだろうという予想はつく」

「ミスをしたのがパブロとペレアだと知れば、驚くべきことではないのかもしれないが、監督としては頭の痛いところではある」

「アトレチコは、開幕からこの2人にセイタリディスを加えたパスが弱点で、それがこの試合にもろに出た形になった」

「問題点というのは、大事な時にこそ大きくあらわれるものなのかもしれんな」

「おまけに、最近はまったくキックの蹴れないアッビアーティがキーパーをしている影響で、後方からの組み立てという点では最悪の状態になっている」

「これを解決するためには、ゼ・カストロを使うしかないのだが、彼は、サラゴサ戦セビージャ戦バジャドリー戦で見たように、びっくりするくらい守備でのミスが多い」

「パブロを選択すればボールを持った時のミスが怖いし、ゼ・カストロを入れるとボールを持っていない時のミスが怖い」

「どっちに行っても不安が残るわけで、これはアトレチコのチーム編成の問題であって個人個人の問題ではないといえばない」

「罪を憎んで人を憎まずみたいな話か」

「例えば、パブロもペレアも前線にシギッチやイブラヒモビッチのような選手がいて、そこに単純に放り込むだけでいいならこのようなミスは少なくなるけど、アトレチコの前線はハイボールに強くないので苦手なことをしなければならない」

「その辺の事情は前回のデルビをご覧いただくとして」

「とにかく、この2人のミスからマドリーに先制され、得意の形に持ち込まれてしまった」

「後の展開は、典型的なレアル・マドリーの試合で、決定的なシュートをカシージャスのスーパーセーブとクロスバーで弾き、そうこうしている間にコーナーキックからひょいっと追加点を奪う。後半はアトレチコの焦りと疲れと負傷退場したシモンの不在もあり、無失点で逃げ切った」

「特にシモンの退場は痛かった」

「サイドの守備の弱いマドリーにとってシモンは鬼門筋なのに、その彼がピンポイントで怪我をした」

「これがシュスターの持つ運というやつかね」

「どうなんやろな」

「なにはともあれ、この試合でも10本に対して20本のシュートを打たれながら無失点で勝つというデータ編通りのマドリーが続いているというところで」

「デルビ短信はこの辺りで」

「ではまた次回」

「ごきげんよう」


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター