週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[268] [266] [265] [264] [261] [260] [258] [257] [256] [254] [253]
「本日はコーナーキックを好きになろう!オープン編をお送りするわけだが」

「うむ」

「オープンから決まったゴールの数は16、0607シーズンのリーガ後半190試合で決まったコーナーキック全体の3分の1を占める」

「その中から、なにかパターンが見えると嬉しいわけやな」

「そうやな」

「となると、16個のゴールをどのように仕分けるかが問題になる」

「仕分けるというか分類の方法やな」

「平たくいうとそうやな」

「とりあえず、コーナーキックの後、ワンタッチで決まるかツータッチ以上で決まるかというのは分類上欠かせない」

「ワンタッチ、つまり1回で決まるというのは例えばこれで」



「ツータッチ以上、つまり2回以上で決まるとはこんな感じやな」



「コーナーを蹴る選手のキックを0回と数えて、その後のタッチ数で分けるわけやな」

「そうやな」

「1回で決めるものが多いであろうという予想はつく」

「コーナーキックといえばヘディング一発で決めるイメージが一番強いしな」

「で、分類するとどうなるんや」

「1回で決まるのが9個、2回以上で決まるのが7個ある」

「わりと拮抗しておるな」

「とこでだ」

「なんだ」

「実は、2回以上のデータに、1つ毛並みの違うものが混じっていている」

「これか」



「それや」

「これは、右サイドからオープンに蹴られているにもかかわらず、キッカーが左利きというデータやな」

「普通、右からのオープンは右足で蹴るから、非常に珍しい」

「左足でクローズに蹴ると見せかけてスライスでオープンに蹴る、一種のトリックプレーやな」

「これだけはちょっと他のキックと性質が違うので、別にして、他の15種類で話を進めることにする」

「まあよかろう」

「そうすると、1タッチが9個で、2タッチ以上が6個というデータが残る」

「これで、仕分けの第一段階終了やな」

「しかし、このままでは、まだ分類が足りない」

「ここから、さらにどう分けるかとなると」

「色々な方法があるわけやな」

「例えば、シュートが打たれた地点で分類するのも一手やな」

「シュートを打つ人間の移動した軌道の種類で分ける方法もある」

「さらには、シュートを打つ選手が最初にいた位置で区別するのも面白い」

「それでどうすんねん」

「とりあえず、囮の数で分類してはどうかと思う」

「囮とはなんじゃ」

「この場合、ペナルティーエリアの中で最初にボールに触る選手よりもコーナーに近い場所に入る選手を意味している」

「言いたいことがよくわからんが」

「例えば次の図では、囮が1人だと数える」



「これが1人か」

「次に、これだと囮が2人だと数える」



「つまりあれか」

「なんだ」

「シュートを打つ選手の前に何人飛び込むかということか」

「そういうことや」

「それだと、次の図の場合はどうなる」



「この場合、最初にボールに触る選手の前に飛び込む人間は誰もいないから0人やな」

「0人もありか」

「この方法で分類すると、わりと面白いことがわかる」

「で、結果はどうなる」

「コーナーキックの後、1回目のタッチでゴールが決まる場合には、0人が1回、1人が1回、2人が6回、3人が0回、4人が1回になる」

「2回以上のタッチで入る場合はどうなる」

「0人が4回、1人が1回、2人が1回やな」

「表にすると下の感じか」

0人 1人 2人 3人 4人
1回 1 1 6 0 1
2回以上 4 1 1 0 0


「正しくそうなる」

「言葉ではわかりにくいので、最初から表を出せという話やな」

「まあ、流れというもんがあるでな」

「表を見ると、わりと顕著な特徴があるな」

「確かに」

「1回では前に2人入るのがメインで、2回以上では0人がメインやな」

「2回以上が0人なのは理屈的にわかりやすいな」

「なんでや」

「オープンではニアサイドのゴールエリア角で合わせてファーで決める有名なパターンがあるやろ」

「これか」



「この状況で、最初にボールを触る選手よりもコーナーに近い側に人を入れるというのは考えにくい」

「その前に入れたところでフェイントにもならんしな」

「それに、ニアでそらしてファーで叩く以上、そこに人を使いすぎると、必然的に裏で叩く人数が減るので都合が悪い」

「だから2回以上触る時は0人が多いわけか」

「そういうことやな」

「となると、上の表からして、1回で決める場合は前に2人いれるパターン、2回以上で決める場合は前に0人入れるパターンを研究するのがいいという話になるわけかね」

「データ的にはそうなる」

「次回はそれをより詳しく見ていくところで」

「今回はこの辺りで」

「ごきげんよう」

Rg
新パターン「ボールボーイ」?
こんにちは、コーナーキック特集とても興味深いです。早速本題ですが、セリエAですがローマがオリンピコにパレルモを迎えた試合でのコーナーキックが話題になっているそうで、なんと「ラインを割った瞬間ボールボーイが即座にコーナーへセットして、相手が守備につく前に蹴る」というもので…
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/idalia_calcio/article/18
↓では肝心の場面こそ映っていませんが、パレルモの選手が慌てて指差している様子やボールボーイが離れていく様子が映っています。
http://jp.youtube.com/watch?v=6zQ8_n6fjWY

リーガでもこうしたプレーで得点した事はあったのでしょうか?役には立ちそうですが、アマチュアレベルで行ったら相手と険悪になってしまいそうですね…
y2008/01/28 23:22z NAME[いつも参考にしています] WEBLINK[] EDIT[]
Re:新パターン「ボールボーイ」?
これは確かにあわてますね。
リーガでは、このような得点を見たことがありません。また、ボールボーイが素早くコーナーをセットして逃げていくというシーンも、見たことがないと思います。
非常にイタリアらしい作戦?だとは思いますが、ルール的にはどうなんでしょう。
ホームチームが勝っている時に、遅延行為を行うボールボーイが退場させられることはよくあります。
同じ理屈でいけば、引き分けや負けている時に味方にだけコーナーをセットしてあげるボールボーイというのも退場させねばならず、反スポーツ的行為による得点も認めるべきではないという結論になる気がします。
むしろ、コーナーキック専用のボールボーイを四隅に配置し、常に素早く置くようにすれば、だらだらとした時間が減り楽しいかもしれません。
これからもよろしくお願いします。
y2008/02/05 14:03z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター