週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[282] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [270] [273] [272] [271]
第27節 バルセロナ 1-2 ビジャレアル

「バルサはまたも負けてしまった」

「そのようやな」

「さらに、試合の中で、非常に不思議な行動をとっていた」

「そうなんかね」

「今回は、その辺りに注目してみたいわけなんやけどな」

「さよか」

「先発は、下の感じだったわけだが」



「バルサは不思議な形をしておるな」

「それには理由があって、まず、押すと拡大する下の写真を眺めていただきたいわけだ」



「ふむ」

「まず一番上の写真からして不気味やろ」

「バルサは右に攻めてるわけやろ」

「そうや」

「抜群に攻撃的な体勢やな」

「攻撃的な体勢もなにもあなた」

「敵のペナルティエリアまで20m弱で、その間に9人の選手がいるわけか」

「それを数えたのが2枚目の写真やな」

「9人といえば、後ろにはディフェンダーが1人とゴールキーパーしかいない勘定になるな」

「すごいやろ」

「バルサは4バックだから、残り3人のディフェンスは前にあがっているということか」

「それが3枚目の写真や」

「アビダルとザンブロッタの位置が抜群やな」

「ちょっとびっくりする場所にいるやろ」

「でもまあ、最近はバルサがどんなにすごい作戦を考えても驚きはせんけどな」

「驚きはせんけどびっくりはするやろ」

「どんな話や」

「なんでもええわ」

「そうか」

「とにかく、上のように人をやたら前に出すというのはあまり一般的ではない」

「前の写真は、ほんの一瞬、偶然に上がった人が沢山いただけではないんか」

「ところがそうではない、というのは守備を見ればわかる」

「守備か」

「人をどんどん上げれば、当然守りは手薄になる」

「選手数保存の法則というやつやな」

「それが下の写真に見える」



「これもまたすごいな」

「まず、上の写真では、センターバック二人で構成される最終ラインが相手陣に6m入った場所にある」

「ラインを押し上げた攻撃的なディフェンスやな」

「おまけに、サイドバックは2人ともいない」

「確か、サッカーでは自陣から抜け出した場合は、オフサイドにならへんよな」

「当たり前や」

「いや、ちょっと不安になったから聞いただけや」

「次に、二枚目の写真では、やはりサイドバックがどこかに飛んでいった関係で、サイドに大きなスペースが空いている」

「去年のクラシコを思い出すな」

「結局、二枚目の写真の後、下の流れで得点を決められてしまう」

「小さくて見にくいな」

「クリックすると拡大するのでそこは勘弁していただきたいところやな」



「ビジャレアルの側から見ると、非常に美しいゴールであるな」

「ゴールじゃなくてPKやけどな」

「それにしても、バルセロナも再び意味のわからんことをはじめてきたな」

「去年終盤の怪奇サッカー復活のきざしやな」

「スペインリーグ全体のレベルが低下している中で、期待の星であるバルサが、また戦術的に自滅していくとしたら、つらくて見てられんのやけどな」

「ロナウジーニョを出したうえに、サイドバックを無闇に上げるとチームが潰れる、というのは、昨シーズンを通して散々繰り返していた」

「今シーズンの安定していた頃のバルサを見ると、ロナウジーニョを切って1-4-1-4-1気味に組み、耐えながら一瞬のチャンスをものにする戦いをしていた」

「地味やけど、それで十分強いんやけどな」

「変なけれん味を出さんでもいいと思わんかね」

「そればっかりは作戦を決める人の性格しだいやしな」

「はたして今後どうなっていくのかというところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」



・参考資料:ギジェ・フランコの切り返し



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター