週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[284] [283] [282] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [270] [273]
「さて」

「今回は前回に引き続いてのクローズ編であるな」

「その中でも、コナーキックの後、二回以上のタッチで決まるものを見ていこうと思う」

「具体的にはこういう系統やな」



「実はここで面白い事実がある」

「なんや」

「クローズに蹴られて2回以上のタッチで決まるものは8つある」

「クローズ全体は26あるから、3分の1くらいか」

「そして、その8つのうち、意図的に決まったものは1つしかない」

「どういう意味や」

「だから、8つうち7つは、下のような形で、ディフェンスが触れた後で決めるとか、競り合いでこぼれたボールを押し込むとかなんやな」



「赤い線がDFが触れた後のボールということか」

「最初からそれを計算してコーナーをデザインすることはないから、その意味で意図的ではないということやな」

「それにしてもあれやな」

「あれとはなんや」

「クローズでこぼれ球やディフェンスの触ったボールを押し込むことが多いというのは、一般的に言われている、”クローズは守りにくい”という言葉を裏付けるものではあるな」

「確かにそうやな」

「これはこれで興味深い」

「ちなみに、たった一回意図的に決まったプレーというのは、冒頭に挙げたものになる」



「ニアでそらして、ファーで決めるパターンやな」

「これは、オープンでは重要な変化だったが、クローズではどうも難しいらしい」

「まあそれはそうやで」

「そうなんかね」

「オープンだと、ゴールから逃げるボールをゴール方向に返すからフェイントになるわけで、クローズの場合、最初からゴールに向かっているボールを同じ方向に弾くわけやからあまりフェイントにならんやろ」

「それはあるな」

「しかし、こうなると、クローズではコーナーキックの後、2回のタッチで決まるものの設計が難しいな」

「難しいというか、サンプルが一つしかないわけやから、データから作るのは無理やな」

「じゃあ、今回の設計編はこれで終わりか」

「そういうことになる」

「それもなんかあれやな」

「確かにあれであるな」

「しょうがないので、クローズとオープンの時のゾーンの差などについて議論してみんかね」

「ええで」

「ワンタッチで決まる図の比較をするとして、前回見たクローズのものはこうだった」



「オープンはこうやな」



「こうなると、重ねてみたくなるのが人情というものやな」



「点線がクローズ、実線がオープンやな」

「これを、重なりがいい部分とそうでない部分でわける」

「まず、いい部分はこうなる」



「ゴールエリアより、センターサークル方向にあるゾーンは重なる部分が大きい」

「ただし、黒であらわされるシュートゾーンについては注意が必要やな」



「クローズの時はよりニアポスト側にくるわけやな」

「この図は大切で、コーナーキックで最初に注目すべきゾーンを表している」

「ここから逆算して、選手の動きを予想すればええわけやな」

「そして、重なりのよくない部分というのは次のようになる」

「重なりがよくないというか、オープンとクローズで、まったく重なっていない部分やな」



「ゴールエリアの中から引く選手と、ファーポスト前でシュートを打つ選手の存在やな」

「その2つは、クローズにだけ見られる特徴やな」

「ボールがゴールに近づくという特徴からあらわれるゾーンやな」

「面白いことに、0607シーズンの後半において、上のゾーンから引いた選手がゴールを決めたという例は一つもない」

「つまり、引く選手はあくまで囮であり、シュートを決めることは少ないということか」

「そうなるな」

「言葉を変えて言えば、シュートを打つ人間はあくまでも前に走りこんでくるということやな」

「ディフェンスにとっては、重要な情報かもわからんな」

「クローズについては、こんなもんかね」

「あとは、この図について考えたいとこやな」



「これがどうした」

「クローズにおいて、ニアに選手を集めると見せかけておいて、ファーポストのゴールエリアの縁辺りにボールを蹴るパターンを使うチームはわりと多い」

「見るといえば見るパターンやな」

「これは一見よさそうに見えるが、データからすると決まりにくいらしい」

「確かに一回も決まっていない」

「監督としては、クローズにおいて、これと、上にあげたニアポスト前でそらすパターンは決まりにくい、とうのを覚えておくのは有益だと考えられる」

「要するに、下の二つの図やな」





「まあ、たまたまあらわれたパターンが少なかったという可能性は捨てきれないので、サンプルをより集める必要はあるんやけどな」

「次回は、最終回ということで、ショート、オープン、クローズの長所と短所などをながめてみましょうというところで」

「今回はこの辺で」

「ごきげんよう」


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター