週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [279]
「さて」

「どうした」

「今日は選手名の発音などについて語って行きたいと思う」

「あいかわらず唐突やな」

「それというのも、ハインツェのせいなんや」

「日本でも有名な選手やな」

「バジャドリーで城と一緒やったしな」

「彼がどないしたんや」

「彼はアルファベットで書くとHeinzeやろ」

「そうやな」

「明らかにドイツ名なわけだから、カタカナにすると、ハインツェなわけや」

「eiの発音はアイに近いからな」

「それは、シュヴァインシュタイガーのつづりが、Schweinsteigerであることを見てもわかる」

「なにも一番長い人をもってこんでもええがな」

「おまけに、スペインのアナウンサーもハインツェのような発音で呼んでいる」

「まあそう聞こえんこともないな」

「ところが、ある日、ガブリエル・ハインツェで検索すると”ガブリエル・エインセ”という文字が一番上に出たわけや」

「エインセか」

「一瞬何のことかと思うやろ」

「Heinzeを真面目にスペイン語で読むと、最初のHを発音しないで、最後で舌を噛むから、確かにエインセではあるな」

「それを見て、実はスペイン人もエインセと呼んでいて、自分が空耳的にハィンツェと聞いていたのではないかと不安になったわけや」

「言語は音も予想で聞くから思い込みがあると空耳は起こりやすいしな」

「外国語で、いちど字幕を見てしまうと、”寿司、鳥、風呂、寝ろ”としか聞こえなくなるのと一緒の原理やな」

「なんの話や」

「そこで、実際にアナウンサーの声を真面目に聞いてみた」

「マメやな」

「それがこれで、エル・カベサッソ・デ・*****、と言っていて、星の部分が選手の名前になっている」



「ふむ」

「どう聞こえる」

「ヘインツェかな」

「最初の音は、間違いなく”エ”じゃないやろ」

「スペイン語の”Je”で”ヘ”と表記する発音に近い気がする」

「最後の音は少し破裂するような音になるから、”ヘインツェ”というのが日本語では一番なじみやすい発音での表記ではないかと思うわけや」

「まあ、この辺の発音に関しては色々あるけどな」

「まあな」

「例えば、最近有名なボージャンなんかもそうやろ」

「Bojanか」

「これは、ボージャンと呼んで、カステジャーノ風にボーハンとはよまなんやろ」

「Borjaはボルハなのにな」

「”Bojan”がボージャンで、”Borja”がボルハというのはいかさまみたいなもんやな」

「そうは言っても、カタルーニャ方面の選手に対して、”J”行の音をハ行ではなく、J行で読むことは多いな」

「JordiやJofreなんかがそうで、ジョルディ、ジョフレやな」

「おまけに、ビジャレアルの監督の、Pellegriniは、”ペレグリーニ”であって”ペジェグリーニ”や”ペリェグリーニ”とは呼ばない」

「有名な、Paellaは、パエリアとかパエーリャとかパエージャとかやな」

「これは、先祖の具合が関係していて、Pellegriniはイタリア系で”ペリェグリーニ”と呼ばれると自分の気がしないからだろうし、Bojanも”ボーハン”と呼ばれては自分の気がしないだろうから、もとの言語になるべく近い音で呼んでいるやと思うで」

「つまり、ドイツ系のHeinzeも実はハインツェと呼びたいという話やな」

「ちなみに、ボージャンの苗字のKrkicも”クルキッチ”で、最後は”ク”じゃなくてセルビア風に”チ”やな」

「単純にカステジャーノ読みすればいいというものではないだけに面倒やな」

「同じアルファベットで違うように読めというのは実に難儀な話やな」

「そういえばやな」

「なんや」

「上のエインセという表記よりも納得の行かない選手が一人いてだな」

「だれや」

「メシなんやな」

「メシか」

「メッシならともかく、メッシーはないと思わんかね」

「どうやろな」

「とりあえず、下の音を聞いてみてくれ」



「うむ」

「どうや」

「メシーかメシやな」

「最初にメシーとなっているのは、語尾で調子を取るためやし、どう聞いてもメッシーにはならんやろ」

「まあ、アルゼンチン風に発音するとメェシィに近くなるけどな」

「そこまで行くともはや収集がつかんけどな」

「そんなことを言うたら、ベティスの Edu なんかもっと大変やで」

「彼がどうした」

「Eduをなんと読む」

「エドゥーやろ」

「ところが違うねん」

「そんなアホな」

「本人が言うから間違いない」

「だって、前にフリューゲルスにいた選手もEduでエドゥーやったやろ」

「懐かしいな」

「鬼のフリーキッカーで、センターサークルのすぐ前くらいから直接決めてたな」

「いや、そんな昔話はおいておいてだ」

「うむ」

「本人に言わせると、エドゥーじゃなくて、エ↑ドゥらしいんや」

「エにアクセントがあるのか」

「エで上がって後ろで落ちるのが本当やから、エドゥーとは呼んで欲しくないそうなんやなこれが」

「また微妙な注文やな」

「それで、アナウンサーも一時期はエ↑ドゥと呼んでいたんやけどや」

「どうした」

「下の2週間程度前の音声を聞いて欲しいんや」



「うーむ」

「うーむやろ」

「どう聞いてもエドゥーやな」

「もとに戻ってしまったということや」

「きっと、エ↑ドゥやとスペイン語のリズムに合わんのやろな」

「なんにせよ、名前の呼び方は、かくも非常に難しいといわけやな」

「とはいえ、エインセやメッシーなどの、明らかに違う表記は修整したほうがいいのではないかというところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター