週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282]
「バルセロナは、レクレと引き分けた」

「絶望的やな」

「何が」

「マドリーにまた2ポイント差をつけられて、残り6試合で9ポイント差。ほぼ絶望的な数字になっている」

「そっちか」

「他に何がある」

「プレー内容のことかと思ったんやけどな」

「内容的には、今後に向けて転換点になりそうな試合やったから、絶望的ではないと思うで」

「さよか」

「まずは先発やな」



「この図から、バルセロナだけを抜き出して上下を逆にすると、次のようになる」



「まあいつものバルサというかなんというか」

「メシ、アンリ、イニエスタがいない時の形やな」

「その代わりに、ジオバンニ、エスケーロ、グジョンセンが入っている」

「ところが、65分に交代が行われて、下の形になる」



「ほう」

「これはこれは」

「ついにトゥレが前に出たのか」

「これは、バルサのバランスを回復させるのはこれしかないから、4ヶ月前から見てみたいと思っていた布陣なわけや」

「まあ、トゥレは技術的にも性格的にも前の方が向いてるしな」

「その結果は上々だった」

「上々だったといっても、この交代の後に同点に追いつかれたわけだが」

「あれはハイボールに対する目測を誤ったバルデスの個人的なミスで、中盤のバランスとしては明らかに良くなっていた」

「そうかね」

「トゥレがこのポジションに入ると、特に攻めた後の守備が格段に安定する」

「まあ、ボールに体を寄せていけるからカウンターの出所を潰す能力は高いな」

「おまけにハイボールに対しても抜群に強いから、これまでバルサが苦手としていたロングボールによる飛ばし攻めにも強くなる」

「グジョンセンやイニエスタ、シャビよりも強いのは間違いないわな」

「この形からアンリが帰ってきたとなると、次のようになる可能性が高い」



「順当な配置やな」

「ところが、このままでは、下の場所に問題が出る」



「守備か攻撃かで言えば、攻撃に問題が出るな」

「いわゆる組み立てに難がある」

「その辺を思い切れば次の形がええかね」



「これはまた思いっきりやな」

「とにかくボールをさばけたらええという配置や」

「他のバランスは考えへんのかいな」

「3トップ系のシステムというのは、両ウィングにいい形でボールを渡さないと意味がないから、その意味ではこれが最高やな」

「矛盾はないといえばないけどな」

「もう一つの形としては、下の図も考えられる」



「イニエスタを左、トゥレを右に置くのか」

「この時の攻め筋は、次のようになる」



「左からか」

「左のアンリを引き金にする場合、マルケス、エジミウソンでそこにボールを送り、ドリブルを開始、エリアの角辺りで仕掛けて、縦に出た場合はエトー、メシ、トゥレがつめる。中に切り返したら、シュートもしくはイニエスタに渡して斜め奥にパス」

「パターンやな」

「いいパターンをいかに多く出すかというのは大切やからな」

「右から行くとしたら下の感じか」



「ガビ・ミリートとマルケスがメシに送って、中へドリブル。スルーパスにエトー、逆サイドへのパスをアンリ、後ろに戻してトゥレやな」

「それにワンツーを加えたり色々やな」

「これはこれでメシを十分に活用できる」

「この試合では、その点がいまいちやったしな」

「トゥレがエトーの後ろに入ってたな」



「普通のチームなら、サイドに開いて空いた中央に後ろから入るというのは非常にいいプレーなのだが、バルサの場合は違う」

「それをやってしまうと、メシがドリブルで入るスペースを味方が潰してしまうんやな」

「彼の一番得意なプレーを自分たちで消してしまってはつまらない」

「守備では下の形がええな」



「メシはなるべく下げずに、左サイドを下げた方がいい」

「メシは前に残ってこそ価値がある」

「ただ、それをやるとアンリの体力が持たないことは証明されている」

3節がそうやな」

「そうなると、エトーに頼るしかない」



「左サイドを交代しつつ試合を進めるわけやな」

「これは、ロナウジーニョが左にいた時代も良く行っていた」

「負けたくない試合では、先発からこうなることも多かった」

「ただ、ここで問題になるのは、左サイドを下げて守るなら、下の形の方が良さそうなことやな」



「シャビを右にして、トゥレをマルケスの左に引くのか」

「この方が明らかに中央が固い」

「となると、この形か」



「中盤をシャビ+トゥレで組むか、トゥレ+イニエスタで組んだ方がいいかは実際にやってみないとわからない」

「理屈はあくまでも理屈やからな」

「ただ、理屈は大切で、これまでのバルサは理屈的にもダメで、やっぱりダメだった」

「マドリーもそうやな」

「なんにしても、チャンピオンズリーグの4強に残ったことが奇跡というか、驚愕すべき事実に近いバルセロナにとって、これから先に進むには、トゥレを上げるしかないやろな」



「今までの方法では、いつまでたっても前後がバラバラやしな」

「上の形をベースにして調整していくしかないと思うんやけどな」

「はたして、今後どうなっていくのか」

「注目というところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」

注:図中のD.ミリートはG.ミリートの誤りです。
お詫びして訂正いたします。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター