週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
前回は、弧と傾いた姿勢の安定性について見た。

ここでは、弧と折れた姿勢の安定性について見る。

折れるとは、次のような姿勢を指す。



全体が滑らかに湾曲せず、腰で体側面への方向が不連続に変わっている。



これを図にすると、次のようである。



この状態で地面に接している時、上下に働く力を図示すると次のようである。



この姿勢は、全体を、折れた下側で支えることができる。

このため、傾いた姿勢のように、簡単に倒れることがない。

この点では、傾いた姿勢よりも優れている。

一方で、折れた姿勢に力が加わると、ごく狭い一部分に強い負荷がかかる。



折れた構造では、原理的に、折れた部分に負荷が集中しやすい。

ここからの操作を考える。

例えば、折れた上の部分を、右に動かし、ちょうど真っ直ぐになった状態で止めることを考える。



この動作を行うには、最初の段階で右に力を加える必要がある。

その際、折れ目にかかる強い負荷に対抗するため、十分に強い力を用いる必要がある。

強い力を用いると、強い勢いを生みやすい。



一般的に、勢いが強ければ強いほど、制御は難しい。

例えば、真っ直ぐな状態で止まろうとしても、勢いを完全に殺すことが難しくなる。



このため、止まることができず、逆側に動き続ける可能性が高まる。



一部に過剰な負荷がかかることは、動作において過剰な勢いを生みやすく、その制御を困難にする。

現実の動作としては、次のようである。













最初、左に折れた状態にある。



最終的に、右にフラついた状態にある。



このようなフラつきは、動作の途中で出ないことが望ましい。

例えば、前方に加速するという動作を考えた場合、ふらつきは加速を阻害する。

加速が阻害されれば、相手を抜くことは難しい。










このプレーにおいて、守備者を抜けない1つの原因は、体が右にふらついたことにある。



これは、折れた腰にかかる強い負荷を、強い力で無理やり解消したことに起因する。





同様の動作で、弧を含むものについて見る。

弧を含むとは次のようである。



途中で折れず、全体が滑らかに湾曲している。



折れたものと比較すると次のようである。



弧に対して上下に力が加わった場合、全体としてたわむことを見た。



この過程において、一部に過度な負荷が集中することはない。

弧は、全体としてなだらかな構造を持つため、負荷が集中せず、全体に分散させることができる。

このため、変化を引き起こすために強い力を用いる必要がなく、結果としてフラつきを生じにくい。

現実の動作としては、次のようである。



















折れたものとの比較は、次のようである。






着地で弧を含むものの方が、折れたものよりフラつきが少ない。

以上のことは、弧を持つ構造の方が、折れた構造より動作の制御が容易であることを意味する。

制御が難しいものよりも、制御が容易なものの方が、動作は安定する。

サッカーをプレーするにおいて、動きは安定している方が望ましい。

よって、着地においては、弧を含む姿勢の方が、折れた姿勢よりも優れている。

前回まで話とあわせて、着地においては、傾きや折れよりも弧の方が優れている。

それは、倒れにくく、支えやすく、力を分散させやすく、制御が容易であるためである。

次に、弧の持つ別の特徴を見る。

前回、着地において、弧を含むものと含まないものを見た。

ここでは、それらの安定性について見る。



これは、片側へ傾いたものであった。



これを図にすると、次のようである。

これに働く重力を図示すれば、次のようである。

ここから、弧を作ることを考える。

地面に対する着地角は同じで、上部を湾曲させて弧を作る。

弧に働く重力は、次のようである。

傾いたものと比較すると、次のようである。

この2つを比べた場合、傾いたものの方が倒れやすく、弧を含むものの方が倒れにくい。

同じ大きさの力が同じ向きに働く場合、物を支える点から遠くに作用する力の方が全体を回転させる能力が高い。

同じ選手なら、働く重力は同じである。

地面からの角度が同じ場合、傾くものと弧を含むものでは、弧を含むものの方が重心が着地点に近い。

このため、着地では、弧を含む姿勢の方が原理的に倒れにくい。



倒れやすいものよりも、倒れにくいものの方が姿勢として安定である。

安定な方が、動作が乱れにくく、プレーを継続しやすい。

その意味で、弧を含む着地は、傾いた着地よりもサッカーをプレーするのに適している。

次に、弧に対して力が働いた後の変形を見る。



一般的に、上のような力が働いた場合、弧はたわむ。

例えば、着地時点、地面から力を受ける直前の姿勢は次のようである。



弧を図示すれば、次のようである。



地面から力を受けた後の状態は、次のようである。



弧を図示すれば、次のようである。



比較すれば、次のようである。



弧がたわみ、曲がりが強くなっていることがわかる。

同様のことは、次のプレーでも見られる。

接地時点の状態は次のようである。




地面から力を受けた後の状態は、次のようである。




弧がたわみ、湾曲が強くなっていることがわかる。



図で示せば、次のようである。

弧がある構造では、このたわみにより、全体を支えることができる。

これに対し、斜めのものは次のようである。

この状態では、全体を支える構造が存在しない。

このため、そのまま倒れ続け、傾きが大きくなる。

傾いた構造は、重心が遠くなるため、原理的に倒れやすい。

また、傾いた構造は、支える構造がないため、その傾きを増幅させやすい。

このため、一度傾きが生じると、姿勢を回復することが難しい。

現実には、次のようである。

































最初の着地は次のようである。











着地で傾いている。



ここで上下方向に働く力を図示すれば、次のようである。



次の着地までは次のようである。









ここでの力を図示すると次のようである。



その後の動きは次のようである。








最終的に体が折れて左に傾いた状態にある。



このプレーの特徴は、体が全体として常に左に倒れていることである。





最初に傾いて着地する。



傾いた状態は、倒れやすく、それを支える構造を持たない。

このため、重心が引っ張られる形で後ろに残る。



この体勢でも、重力は、体を倒す方向に働き続ける。



このため、次の着地においても、十分に姿勢を回復せることができない。



この姿勢から、プレーを継続することは難しい。

このため、上に飛ぶ。





この飛び上がりは、姿勢の回復を目的としており、それは、飛ぶ以前の体勢がプレーの継続に適していなかったことを意味する。



以上の過程において、最初に生じた傾きは解消されず、形を変えて残り続ける。





傾きは一度生じると解消しにくく、形を変えてプレーを阻害し続ける。

傾きは、プレーを乱す要素であり、長時間にわたって持続する傾向を持つ。

次に、イン側へ切り返す例で、着地で弧を含むものを見る。

























最初の踏み切りは、次のようである。



着地は、次のようである。



二番目の着地は、次のようである。



この後の踏み切りは、次のようである。



これらの姿勢を、類似した段階において、傾いたものと比較する。






最初の踏み切りにおいて、両者ともに顕著な乱れは見られない。



着地において、左は弧を取り、右は傾く。



次の着地は、次のようである。



左は再び弧を含む姿勢を取り、右は後方に落ちた姿勢を取る。

この後の踏み切りの姿勢は、次のようである。



左は前に伸びた状態にあり、右は左にふらついた状態にある。

最終的に、左の方がより安定した状態にある。

最初の着地で弧を取るものは動いた後も安定であり、傾いたものは動いた後に不安定化する。




これは、弧を持つ構造が、傾いた構造よりも動的に安定であることを示している。

弧を持つ構造は、傾いた構造よりも原理的に倒れにくい。

また、弧を持つ構造はたわんで支えることができるため、傾きが一意に増幅することがない。

これの理由により、着地で弧を含む構造は、傾いた構造に比べて動的に安定となる。

これは、現実のプレーでも見られる。






サッカーをプレーするには、動的に安定な方がよく、着地において弧は傾きよりも優れている。



次回は、弧と折れの安定性について見る。

ここでは、サッカーの基本動作、及び基本姿勢について見る。

サッカーには様々な動作が含まれ、それに付随して様々な姿勢が見られる。

最初に、地面と接触する際の姿勢について見る。












上の動作は、イン側に切り返すものである。

地面と接触する際の姿勢は、次のようである。



次の動作は、アウト側に切り返すものである。











地面と接触する際の姿勢は、次のようである。



2つを並べると次のようである。



これらに共通する点は、地面との接触において、体内部に弧を含むことである。

弧とは、途中で折れず、滑らかに湾曲する構造を指す。



以後、これに類する構造を弧と呼ぶ。

着地において弧を含む例は、他にも見られる。

列挙すれば、次のようである。

例1







例2







例3







例4







着地は、次のようである。






弧を図示すれば次のようである。






弧を含む例を全て並べると、次のようである。








これらに対し、弧を含まない例を見る。








着地の姿勢は次のようである。



これは、傾いた構造を持つ。



横方向への湾曲は見られず、これは着地で弧を含まない。

別の例を見る。








着地の姿勢は次のようである。



横方向への湾曲は見られず、着地で弧を含まない。

全体として、片側へ傾いた構造を持つ。



別のプレーを見る。








着地の姿勢は次のようである。



これは、途中で折れた構造を持つ。

折れとは、全体が滑らかに湾曲せず、体側面への方向が腰で不連続に変わるものを指す。



次も同様である。








着地の姿勢は次のようである。



これも、腰から横に折れた構造を持つ。



傾くもの、腰で折れるものは、次のようである。






これらは、弧を含む姿勢とは異なる。

弧との比較は次のようである。






以上のように、着地においては、弧を含むもの、含まないものが存在する。

次に、それらの特徴を見る

前回は、ボールとの接触点を変えることについて見た。

ここでは、接触点が同じでボールの軌道を変えるための動きを見る。

最初に膝の返しについて見る。

具体的には次のようである。

ボールとの接触における、右膝の動きを見る。
























接触において、膝が返っている





接触前、内側に捻り込まれている膝が、接触後には上向きに返っている。




この膝の返しにより、ボールはよりイン側へと動く。



次も同様である。




















接触において、膝の返しが見られる。




これは、最初に見たもの同様、ボール軌道をイン側にずらす効果がある。

参考のために、同じ動作を別の角度から見る。


























全ての角度において、接触における明快な膝の返しが見られる。










以前、シュートにおける表表変換を見た。

そこでも、膝の返しがボール軌道をイン側にずらすために使われていた。





ドリブルでもシュートでも、同じ動きが同じ目的のために使わている。

次に、アウト側へずらすために膝の返しが用いられる例を見る。










外側を向いていた膝が、内側に向けて返っている。




この動きは、ボール軌道をアウト側へとずらす。



次も同様である。













外側を向いていた膝がより内側に向く。




この動きは、ボール軌道をアウト側へとずらす。



以上のように、膝を返す動作は、イン側、アウト側、両側へ進路をずらすために用いられる。

次に、足首の動きでボール軌道をずらす動きを見る。












足首を内側に捻り、足先が内側に動いている。




これにより、ボール軌道はイン側にずれる。

次も同様である。









足首を内側にひねり、足先が内側に動いている。





これにより、ボール軌道はイン側にずれる。

次は、足首の動きによりアウト側へずらすものである。










足首を外に返す様子がわかる。





次も同様である。



























最初の接触は次のようである。





二番目の接触は次のようである。





ともに、足首を外に返す動きが見られる。

これは、ボール軌道をアウト側にずらす。

次に、受動的な変形を用いてボール軌道を変える例を見る。

受動的な変形とは、コントロールで見たものと同じ意味である。

具体的には、次のようである。






























ボールとの接触は次のようである。




ボールとの接触時に、足首から先の部分が外側にねじれ、相対的に後退している。





点線が接触前であり、実線が接触後である。

この変形を用いて、ボールの動きを変えることができる。

足をボールに近づける

ボールと接触する。

この時、足首から十分力が抜けていれば、ボールから押される力で足先が後方へ旋回する。

ボールから押される力で受動的に変形するため、受動的な変形や受動変形と呼ぶ。

この変形により、足とボールの接触角が変わる。

この状態からボールに力を加えれば、模式的に次のように飛ぶ。

最初に足がボールに接近する方向と、実際にボールが飛ぶ方向にずれが生じる。

接触点が同じでも、この受動変形の大小により、ボールの飛ぶ方向は異なる。



次に、重心を移動させることにより、軌道を変えることを見る。

















接触に前後で、体を支持する足が横方向に伸びている。





これは、重心を横方向に動かす効果があり、結果としてボールにも横方向への力を加える。



接触点が同じでも、この動きがない場合に比べ、より横方向へボールを動かすことができる。

同じ接触点でも、体を支持する足をどの方向に伸ばしながら接触するかにより、その後に飛ぶ方向は異なる。

次に、回転による軌道変化を見る。












































接触後、ボールは明らかにアウト側へと動く。





しかし、その後、イン側へ戻ってくる。






これは、ボールにかけられた回転の効果である。

回転の有無、大小により、接触後の軌道を変化させることができる。

次も同様である。



















































正面方向に飛んだボールが、その後、ラインに近づいている。





これも、回転の効果である。

次は、アウト側へ抜くものである。


































ここでも、回転によるボール操作が行われている。



図の1は、2よりも時間的に前の状態である。

アウト側へ抜いた後、ボールとの接触がないにも関わらず、軌道がイン側にずれている。

これは、回転の効果による。






ボールの中心よりも上に接触し、足を上から下に動かしている。

地面と足の間にボールを挟み、上から切るような動作になっている。

これにより、イン側への回転がかかり、ボールは守備者を避けるような軌道を取ることができる。



これは、相手を抜くことに寄与し、その後のプレーの継続を助ける。

ここまでに見た、ボールの予想進路と実際の進路を変えるための要素をまとめる。

触る場所を変える
足の入れ方
足の形
重心の移動
膝の向き、配置
触る触らない

同じ接触点から動きを変える
膝の返し
足首の返し
受動的な変形
重心の移動
回転

これらの要素の組み合わせにより、予想と異なる方向にボールを動かすことができる。

しかし、以上の要素が、軌道をずらす要素の全てではない点には注意すべきである。

例えば、ボールに接触する部分の速さの変化を上に加えることも可能である。

斜めに動くボールに対して足が近づく状況を考える。



ここで、足の動く速さが変化しなければ次のように接触するとする。



もし、足が前方に加速すれば、接触場所は変化する。



この場合、前の接触と比べれば、よりアウト側にボールを動かしやすくなる。



これに類するプレーは、次のようである。










次の2つの図の間に、地面を踏む足の膝が強く伸びている。




これは、体全体を前方に加速させる効果を持つ。

この加速にともない、足も前方に加速していれば、接触点が変わる効果が期待される。

実際にそうなっていることを認めれば、上のリストに速さの変化を加えることができる。

ここで見たリストがどのような形で尽きるのか、本当に尽きるものなのか、現時点ではわからない。

ドリブルの上手下手は、接触前の動きから予想されるボールの軌道と、接触後の実際の軌道をずらす技術と直接的に関係している。

それは、スペースがある状態でボールを動かす状況、コンダクションの部分でも、実際に相手を抜く場面、レガテの部分でも同じである。

その点を突き詰めることは、ドリブルの技術向上に寄与すると考えられる。

ドリブルで相手を抜くことに関しては、現在のところ以上である。
ここまで、ドリブルにおいては、ボールに接触する前の予想進路と、実際の進路が異なることが重要であることを見た。

これは、相手を抜く前のアプローチにおいても重要であり、同サイドの変化から抜くためにも重要であり、抜いた後が次のアプローチにつながるという意味でも重要であった。

ここでは、予想と実際の進路をずらすための動きについて見る。

もっとも単純な状況では、足が入る方向とボールが飛ぶ方向は一致する。



足が入る方向にボールが飛ぶと予想され、実際にもその方向に飛ぶ。

ここから足の入れ方を変え、接触点を変えば、飛ぶ方向は変わる。



また、同じ方向から足が入っても、足の向き、もしくはその形で飛ぶ方向は変化する。



具体的には、以下のようである。














ボールの中心より内側につま先を内側に入れた状態で触れる。




ボールはアウト側へと飛ぶ。




ボールとの接触点を変えることで、ボールの飛ぶ方向は変わる。

類似した動作から接触点を変えることができれば、予想進路と実際の進路をずらすことができる。

このため、接触点を変える技術は、ドリブルにおいて重要となる。

接触点を変える方法の一つは、体全体の重心を移動させることである。

右足でボールに触る場合を考える。



この時、体を支持する左足で、重心が右に動くように地面を踏む。

重心が右に動けば、それにともない右足も右に動く。



それにより、触る場所を変えることができる。



具体的には、以下のようである。

















最初、足はボールに対して縦に入るように見える。





実際には、外側から触れる。






この過程で、重心はアウト側、保持者から見て右側に動いている。






踏み切る方向により、ボールとの接触点をずらしている。



次も同様である。
















地面を踏む方向、踏み切る方向を変えることで、接触点をずらすことができる。

次に、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらす動きを見る。

例えば、足をボールに近づける途中、膝を外に向ける。

膝の伸展方向が外に向くため、足の軌道は外にずれる。



具体的には次のようである。


















最初膝は正面方向を向いている。




接触までの過程で、膝はより外側を向く。






これにより、足はボールの外側へ動く。

外側を触れることにより、ボールはイン側に動く。





膝を内側に向ける例は次のようである。
























膝が内側を向いている。



この動きがあることで、ボールとの接触点は変化する。



次も、膝の動きによりボールとの接触点を変える例である。















接触前の膝の動きは次のようである。






最初、膝は下を向いている。



そこから膝を内向きに持ち上げる。





膝がボールの内側に触れやすい位置に来ている。

ここから、支持足を左前方に伸ばし、ボールに触れる方の膝を伸展させながらボールに触れる。





膝の位置、もしくは、膝の体に対する相対的な配置を変えることにより接触点を調整している。

次は、キックフェイクから触る場所を変える例である。


























足は最初、ボールの後方から近づくように動く。





その後、軌道が変わる。





横方向から接触している。

膝の位置、もしくは配置を変えることにより、接触点を変えている。





以上のように、膝の向き、もしくは配置を変えることで、接触点をずらすことができる。

接触点をずらすという意味では、ボールに触れないこともそれに含まれる。













この角度からは、ボールに触れたようにも見える。



しかし、実際はまったく触れていない。











触れると見せて触れないことは、予想と実際のボール進路をずらすことにつながる。

このため、空振りと呼ばれる動作は、ドリブルにおいて重要な意味を持つ。







保持者は、アウト側へ触るモーションからボールに触れていない。





これに対して、24番の守備者は次のように反応する。






画面左に反応している。

仕掛ける前に相手を崩す場合など、ボールに触らない動きは有効である。

以上では、予想進路と実際の進路をずらすため、接触点を変えることを見た。

次に、接触点が同じでボールの軌道を変えるための動きを見る。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター