週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
ここ数ヶ月開店休業状態であった当ニュースページですが、スタッフ不足により更新に手が回らない状況が続くため、しばらく休止いたします。
再開の目途はたっておりません。

楽しみにしていただいた方、これまでご覧いただいた方、本当にありがとうございました。

また、蹴球計画本ページの更新は続きます。
いつの日にかニュースが再開される場合は、本ページにて告知させていただきます。

これからもよろしくお願い申し上げます。

studio c60
ミチェル・サルガドは、「国王杯の決勝で、バルサがサンチアゴ・ベルナベウでプレーするとしたら、それは一種の挑発である」と述べた。
また、「人を挑発することは、人生でやってはいけないことだし、他にもスタジアムはある。これは、我々がカンプ・ノウで決勝をプレーするようなものだ。それはポジティブなことではない。」とも述べている。

マドリードにおける先週末の試合では、「ベルナベウは協会のものじゃない」という横断幕も見られた。
「僕はそれ(PK)の研究家ではないんだ。偶然見る以外は、相手のビデオを見ることもしないし、なにもしない。僕がやることというのは、とにかく最後まで待って、キッカーのポジションに注意して、どこに蹴るかを予測して、蹴る前の助走を考えて、それに誰が蹴るかにもよるし……それは多くのことなんだ」
2007年
「チェルシーの方が優れたチームだった。肉体的により強く、ポテンシャルがあった。試合を通じて勝とうとしたのはチェルシーだけだった。しかし、サッカーというのはそういうものだ。結局点が取れずに決勝には進めなかった」

2005年
「優れたチームの方が負けた。私の選手は敗北に値しない。それがこの試合について言えるもっとも重要なことだ。しかし、サッカーは時に残酷だ。このスポーツの現実を受け入れなければならない。悪い時もあれば、良い事も起こる」


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター