週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
35節まで

コーナーキックからのゴール 1
コーナーからのファーストタッチによるゴール 0

得点 失点
62 26


Aston Villa 1 - 2 Liverpool
ラウルセン:オウンゴール
ジェラード:フリーキック

Liverpool 1 - 1 Chelsea
カイト:エリア内で押し込む

Sunderland 0 - 2 Liverpool
シソコ:ミドルシュート
ボロニン:カウンターから

Liverpool 6 - 0 Derby County
アロンソ:ミドル
アロンソ:フリーキックを直接
ボロニン:トーレスのシュートのリバウンドを押し込む
トーレス:ドリブルシュート
バベル:左からのクロスをシュートフェイクから切り返し
トーレス:クリアミスから1v1

Portsmouth 0 - 0 Liverpool

Liverpool 0 - 0 Birmingham City

Wigan Athletic 0 - 1 Liverpool
ベナヨン :後ろ向きヒールで切り返し。シュートフェイクで二度目の切り返し

Liverpool 2 - 2 Tottenham Hotspur
ボロニン:フリーキックから押し込む
トーレス:フィナンのクロスをヘッド

Everton 1 - 2 Liverpool
カイト:PK
カイト:PK

Liverpool 1 - 1 Arsenal
ジェラード:リーセが横に流したボールをシュート

Blackburn Rovers 0 - 0 Liverpool

Liverpool 2 - 0 Fulham
トーレス:レイナのロングキックから
ジェラード:PK

Newcastle United 0 - 3 Liverpool
ジェラード:フリーキックからロングシュート
カイト:コーナーキックからヒーピアのそらしを押し込む
バベル:ジェラードの戻しから

Liverpool 4 - 0 Bolton Wanderers
ヒーピア:フリーキックから
トーレス:1v1
ジェラード:PK
バベル:カイトのシュートを押し込む

Reading 3 - 1 Liverpool
ジェラード:シュート

Liverpool 0 - 1 Manchester United

Liverpool 4 - 1 Portsmouth
ベナヨン:ボレー
ディスティン:オウンゴール
トーレス:リバウンド
トーレス:コーナーキックのクリアボールをサイドに展開してヘッド

Derby County 1 - 2 Liverpool
トーレス:ドリブルシュート
ジェラード:リバウンド

Manchester City 0 - 0 Liverpool

Liverpool 1 - 1 Wigan Athletic
トーレス:縦に抜けてシュート

Middlesbrough 1 - 1 Liverpool
トーレス:ロング

Liverpool 2 - 2 Aston Villa
ベナヨン:スルーパスから
クラウチ:フリーキックから

West Ham United 1 - 0 Liverpool

Liverpool 3 - 0 Sunderland
クラウチ:クロスをヘッド
トーレス:1v1
ジェラード:PK

Chelsea 0 - 0 Liverpool

Liverpool 3 - 2 Middlesbrough
トーレス:1v1、後ろからDFに当られて持ち直す
トーレス:ミドル
トーレス:カウンター、GKミス

Bolton Wanderers 1 - 3 Liverpool
ジェラード:GKのミスから
バベル:リバウンドをニアに
ファビオ・アウレリオ:コーナーキックのクリアをミドル

Liverpool 4 - 0 West Ham United
トーレス:フリックから裏へ抜け出して
ジェラード:ミドル
トーレス:コーナーキックのクリアからカイトがクロス
トーレス:右からのクロスをボレー

Liverpool 3 - 0 Newcastle United
ペナン:DFのクリアが足に当ってゴール
トーレス:左からのゴロクロスをすかしてシュート、昔ならこけてる
ジェラード:トーレスからのスルーパス1v1

Liverpool 2 - 1 Reading
マスチェラーノ:ミドル
トーレス:FKから

Manchester United 3 - 0 Liverpool

Liverpool 1 - 0 Everton
トーレス:コーナーキックのクリアから1v1

Arsenal 1 - 1 Liverpool
クラウチ:ベナヨンのリターンから

Liverpool 3 - 1 Blackburn Rovers
ジェラード:ワンツーからマタを抜いて裏へ
トーレス:ジェラードからクロスをヘッド
ボロニン:ベナジュンスルーパス、クリア、リーセ、クロス、押し込み

Fulham 0 - 2 Liverpool
ペナン:スルーパスから1v1
クラウチ:ペナンからのパス、コントロール1v1
「さて」

「プレミア対決の第一ラウンドは引き分けに終わった」

「引き分けということは、アウェーゴールを決めたチェルシーが有利やな」

「そうやな」

「ちなみに、そのゴールが決まったのは94分」

「なんともドラマティックやったな」

「おまけに、オウンゴール」

「リーセが、自分のゴールに完璧なヘディングシュートを決めた」

「ショックやったやろな」

「そらそうやで」

「チャンピオンズリーグの準決勝やしな」

「ところで、この得点に関しては二つ派閥があるように思われる」

「二つとはなんや」

「オウンゴールに対して、”あれはしょうがない”と思う派閥と、”足ならクリアできた”と思う派閥の二つやな」

「しょうがない派と足で行け派か」

「果たして、そのどちらが正しいのか、決着をつけてみようというのが今回の狙いやんやな」

「そうなんか」

「まずは、下の写真から見ていこうかと思う」

「もとの絵はエル・ムンド紙からやな」

「そうやな」



「これは、リーセがヘディングのモーションに入った瞬間か」

「そして、ヘディングの瞬間は次のようになる」



「ふむ」

「上の二つの写真で、カメラ位置はまったく変わっていないから、大体のボール軌道がわかる」



「ゴールに近づくボールなわけやな」

「逆にいえば、リーセからは離れていく」

「こういう状況でのクリアは難しい」

「ボールを追いかける状況では、そもそも足に当てるのも難しくなるしな」

「ブロック崩しと同じ原理やな」

「下手な人はボールを後ろから追いかけることが多く、上手い人ほどボールに向かって板を動かすからな」

「ゲーセンにあるエア・ホッケーでも同じことやな」

「ついでに言うと、この状況では、リーセが触る前にボールはワンバウンドしていてたので、クリアはさらに難しい」

「まあそうやな」

「実に厳しいシチュエーションなわけや」

「確かに、ディフェンスにとって厳しい状況ではあるが、なぜ足ではなく、頭で行ったのか、という疑問は残るやろ」

「それはこういうことやな」



「足か」

「足やな」

「これだと、右足を出すのは無理やな」

「この状態から右足を出しても、軌道に届かない。かといって、右足を地面に着いてしまうと、次には左足しか出せない」

「左足でのクリアは厳しいな」

「届くのは届くだろうけど、クリアボールの方向と強さをコントロールするのは難しい」

「これを右足でクリアしようと思うと、足を一回変えないとあかんな」

「すると、ボールはもう目の前を通り過ぎてしまう」

「下の感じか」



「そうなると、後ろのアネルカに叩かれて終わる」

「つまり、リーセは頭で行くしかなかったと」

「まあそういうことになる」

「しかしや」

「なんや」

「それなら、走りこむ前の段階で、右足でクリアできるように足を整えておけばよかったという話にならんかね」

「それは無理やろ」

「まあな」

「クロスに対して動き出す前は、アネルカをマークしなければならないから、動きはアネルカに対して良いポジションを取ることで決まる。そこで、クロスのコースを完璧にイメージして足の動きまで調整できるとしたら、それはすごいで」

「不可能かね」

「不可能ではないかもしれんが、神様にしかできんのとちゃうかね」

「つまり、結論は頭でいくしかないと」

「少なくとも、右足でのクリアは不可能やな」

「それにしても、これでチェルシーは大分有利になったな」

「後はホームで守り倒しても大丈夫やからな」

「果たして結果はどうなるか」

「お楽しみというところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」


おまけ:先発



「チャンピオンズリーグ圏内をかけた対決」

「ビジャレアル対アトレチコ・マドリー」

「注目の一戦はビジャレアルの完勝に終わった」

「内容も結果もというやつやな」

「ビジャレアルはいまやリーガの良心と呼ばれつつある」

「レアル・マドリーもバルサもアトレチコも今ひとつの世の中で、チームとしてきちんと設計されたチームではあるな」

「今回は、その設計の一部を見ていこう、とまあそのようなわけや」

「よかろう」

「先発は以下のようになっていた」



「アトレチコの左がシモンでないことを除けば、いつものみんなという感じやな」

「この試合で、誰がすごかったかというとピレスがすごかった」

「抜群の働きやったな」

「ビジャレアルの1点目と2点目は、まさに彼が起点になっていて、最初は左からドリブルで中央に持ち込んだボールを左に流れるロッシにパスしたところから始まった」

「2点目も崩す流れとしては、同じ形やった」

「ビジャレアルの動きを見ると、明らかに左のピレスが中心で、模式的にあらわすと下のようになる」



「ピレスが中に入ってロッシが外に逃げる、カプデビラが外側からフォロー中にセナが入って、ニハットとカソルラがゴール前、右のベンタはあまり深いところまで上がらず、組み立てに重点を置くと」

「そのような感じやな」

「ここで最近よく思うことがあるのだがな」

「なんや」

「リーガの上位というのは、左利きのチームばかりではないかね」

「左利きか」

「左サイドを中心に崩していくチームを左利きとすると、このビジャレアルは正に左利きやろ」

「まあそうやな」

「普段のアトレチコ、つまり、左にシマオがいる時は、これまた左利きやろ」

「シモンな」

「図でいうと下の感じや」



「シモンがサイドでボールを受けて、ざっと縦に押し込んで、そこから縦か中の二択か」

「シモンはドリブルのスピードでピレスに勝る代わりに、パスでは劣るのであまり複雑な攻めはできない」

「キャラクターの違いというやつやな」

「アトレチコがいい形で攻める時はこれが多く、いうたら左利きや」

「そうかね」

「そんで、バルサも左利きやろ」

「アンリやな」



「左にボージャンでもいいけど、相手をより崩せるのはアンリの方や」

「とーんとーんとすこし跳ねるようにドリブルをして、ぎゅっと縦に抜けるか、そのフェイクから中にいくかが得意技やな」

「縦にいったらクロス、中に入って逆サイドへのシュートか上がってくるイニエスタ、シャビにパス」

「アンリ・パターンというやつやな」

「右から有効に崩す場面というのはほとんどない」

「エトーは中に入るし、ザンブロッタが上がってもさして効果的ではないしな」

「つまり、バルサも左利きや」

「さよか」

「2年前、ロナウジーニョがいたころはさらに極端な左利きやったしな」

「過去形にしたらあかんで」

「そして、去年の12月頃、勝っていたころのマドリーも左利きやったやろ」

「ロビーニョか」



「ロビーニョやな」

「シモンと似たような特徴やけど、中に入っての細かいパスがよりうまい」

「相手を引き付けてからのプレーもうまいな」

「つまりは、以上のみなさんすべて左利きなわけや」

「ほほう」

「システムこそ違え、左の前にサイドからゲームを動かす選手を置く、というのは一つの形やと思うんやな」

「その形の強いチームは多いな」

「デコのいたポルトとかやな」

「セードルフのミランもその変形やな」

「昔はロベルト・バッジョのいたインテルも同じような手段を使っていた」

「リーガに関係の深いところでは、リケルメのいたビジャレアル、ジダンとチャンピオンズリーグを取ったレアル・マドリーなんかがそうやな」

「まあ、強いチームを作る一つのパターンであることは確かやろ」

「今のマドリーとバルサはお世辞にも強いとはいえんけどな」

「それは言わないお約束や」

「なんにしても、このタイプの設計では、その鍵になる左前の選手をいかすために、色々な条件が必要になる」

「そうやな」

「ここでは、その中でも特に重要な一点だけに絞ってチームを見てみようと思うんや」

「もったいぶらんでもええがな」

「話は単純で、下の図やねんけどな」



「なんやこれは」

「要するに、後方からどの形でボールを入れるのが一番いいか、という話や」

「ほうほう」

「まず、右から見ていくと、右サイドバックから、左の中盤に出るパス、これが一番いい」

「いいというか、効果的ということやな」

「これが決まれば、ほぼ間違いなく左前の選手はフリーでボールを持つことができる」

「ディフェンスの移動が間に合わへんからな」

「ディフェンスはボールがあるサイドによる習性があるからな」

「ただ、これは難しいな」

「それはある」

「まず、この距離を正確に蹴れる選手が少ないし、ボールスピードが足りなければ前に出るサイドバックにカットされてカウンターを喰らってしまう」

「悩み深いところや」

「ベッカムやゼ・マリアとかなら可能かもしれんが、まず人材が見つからない」

「そこで、右から二番目の青い矢印に注目する」



「下がった右のボランチか右のセンターバックからのパスか」

「これももちろん有効で、先ほどと同じ効果がある」

「振り幅は小さいけどな」

「その分、距離が近くなるので、正確に蹴ることのできる選手も増える」

「なかなかいないけど、さっきよりは多いな」

「よって、左前方を有効に利用するという意味ではこれが最も望ましいラインになる」

「2年前のマルケスみたいなもんか」

「バルセロナが苦しくなった時に、それを打開するのはほとんどいつでもマルケスからロナウジーニョへのクロスのパスで、そこから一気に一対一を仕掛けて押し返していた」

「一つのパターンやったからな」

「次に右から3番目のパスだが、これも有効ではある」



「振り幅がより小さくなる分、効果も小さくはなるけどな」

「そのかわり、蹴る技術はより簡単になる」

「ただし、右足の方がええな」

「それはそうやな」

「この位置で縦を向いた状態から左足を使ってそこに出すのはかなり難しい」

「最後に一番左の矢印になるが、これはサイドの選手をフリーにすると言う点ではほとんど意味がない」

「まあ、相手も左によってるところにパスを出すから難しいわな」

「ビジャレアルは、その点、ゴンサロからそれなりに、エルグンからパスが出る」

「特にエルグンはいいな」

「いい展開力やな」

「ブルーノの立場がないな」

「彼は左利きだし、地面を転がるパスを前に当てる方が得意やしな」

「ええ選手やねんけどな」

「現時点ではやはりエルグンの方がいい」

「そうかもしれん」

「まあ、この左側にいい形でパスを出すというのは、この系統の組み合わせでチームを運用する時に重要な鍵になる」

「左側に攻撃のトリガーがあるとしても、弾を込めな役にはたたへんからな」

「相手のアトレチコを見ると、下のようになる」



「要するにパスが出んと」

「そういうことやな」

「次にバルセロナはこうなる」



「やはり出えへんと」

「マルケスがいないと出ないな」

「トゥレからでないのが信じられへんけどな」

「キック力的にはいけそうなもんやけどな」

「なんかサイドに長く蹴るとなるとおっかなびっくりみたいになるからな」

「一ヶ月くらいそればっかり練習すればいけそうな気がせんか」

「どうやろな」

「まあ、それは置いておいて、下がったシャビからはまれに出る」

「シャビは前に上げて、左を上がるアンリに、ボージャン、エトーとともにからみたいから、あまり下げたくないところではある」

「そこが矛盾ではある」

「最後にマドリーはこうなる」



「なかなか出ないな」

「ペペからたまに、ラモスからたまにでるが、微妙にずれることが多く安定しない」

「なかなか難しいな」

「左利きのチームを作る時は、とりあえずこの辺に注目するとええと思うわけやな」

「要するに崩す能力を持った選手にどうやってボールを送り込むかという話か」

「そこに問題があると、宝の持ち腐れで大体うまくいかない」

「それが正しいかどうか」

「ぜひご検討いただきたいというところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」



・先発


サラゴサの新監督、マノロ・ビジャノバは、1-4-1-4-1を採用した。
中盤の左サイドにセルヒオ・ガルシア、右サイドにガビを配した。

・選手、ボールの動き


攻撃では、左サイド前方に位置するセルヒオ・ガルシアが中心となる。
ディフェンスラインからパレーデス、中盤からマトゥザレムがパスをさばく。
左から前に運んだボールを主にディエゴ・ミリートとオスカルがシュートにつなげる。
オスカルは、フォワードとボランチの中間にあたるこのポジションでもっとも能力を発揮する。
サイドバックは、右のディオゴが頻繁に上がる。

・攻撃における平均配置


ボールを持った際、各選手の平均的なポジションをあらわしている。
右のガビの縦に出る力が弱く、このスペースを活用するためにディオゴが上がる。
しかし、この方法ではディオゴに大きな肉体的負担がかかる。

・控え選手の具合


まんべんなくカバーされている。
セルヒオ・ガルシアが不在の場合、チームの機能が著しく低下する可能性がある。
これまで、左前方のポジションはアイマールの指定席であった。しかし、今シーズンは鳴かず飛ばずの状況であり、多くを期待することはできない。


・結論
1-4-1-4-1に向いた選手がそろっており、チームとしての矛盾は少ない。
ただし、左サイドをセルヒオ・ガルシアが持ち込んだ後、中央が薄く得点につながらない可能性がある。
これを改善するため、右サイドでディオゴを一つ前に出し、サイドバックにチュス・エレーロなどを入れる可能性がある。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター