週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469]
映像出典:
http://www.youtube.com/watch?v=8gzvqN26I5Q
http://www.youtube.com/watch?v=03nqsDyfMzY
http://www.youtube.com/watch?v=k5tTQuBnU0I

これは、ステップフロント2の続きである。

このような、インステップからインフロントへの変換は、以前にも見た。

エトーとイグアインのシュートがそれである。

これまで、インフロントへの変更と記してきたが、各選手を比較すると、ボールを捉える位置にばらつきが見られる。

フォルラン:インフロント


エトー:インフロント


フンテラール:インステップに近い、(おそらく親指の付け根)


イグアイン:インサイドに近い


インフロントを中心に、インステップ方向、インサイド方向へのずれが見られる。

練習をする際は、インフロントだけにとらわれず、その周囲も意識する必要がある。


重要
このシュートを用いる場合、「切れる」ということを頭に置いてイメージを持つ必要がある。



例えば、上の位置から打つ場合、下のように左に切れながらゴールに入る。



これを似たような条件、つまり、ゴール中心に対して同じ角度、同じキーパーとの距離で使ったとしても、距離が遠くなればゴールをそれる。



これでは、キーパーの逆を取ったとしても、点にならない。

下の図でも同じことが言える。





この場合は、切れながらゴールに入る。

しかし、これを、より外側、体の中心を中に向けた状態で行うと、枠をそれる。



このことは、以前、ステップサイドの表で同様の現象を見た。

一般に、軸足を旋回させながら蹴る時、イメージよりボールが切れることが原因で、ゴールを外すことが多い。
その具体例はこちらでご覧いただきたい。

技術は、その動きを習得することがまず第一に大切である。
それと同時に、おぼえた技術がどのような状況で有効であり、どのような状況に不向きであるかを把握することが極めて重要である。

ステップフロントにおいては、位置と体の向きがそれにあたる。

この技術は、ゴールを決めるに際して極めて重要である。
ぜひ、完全に習得したい。




補足:

この技術を用いるとキック後の体勢に特徴があらわれる。
下は、イグアインの例である。



体が「く」の字に折れ曲がり、足と手が体に巻きついたような体勢になる。

エトー

フンテラール

フォルラン


これは楽な体勢ではない。
筋肉や関節の柔らかさ、各部をコーディネートする能力が、相手を騙す深さや、変更できる角度の大きさ、シュートの精度に大きく関係すると考えられる。

また、これは、インサイドの表表変換におけるキック後の体勢のひねりを強くしたものに酷似している。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター