週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [428]
「さて」

「またバルサか」

「そのセリフは、前にも聞いたな」

「いくらなんでも多すぎんか」

「いま一番熱いからしょうがないねん」

「そのセリフも二度目やな」

「落ち着きそうで落ち着かないバルサの挙動が面白いから、落ち着くまで粘着的に追って行こうかと思う次第なんやけどな」

「他のチームも見たくなるのが人情ってもんやで」

「その点は、対戦相手でなんとかしていこうかと」

「それもまた失礼な話やな」

「なんでや」

「バルサのおまけみたいやんか」

「そんなことないで」

「まあなんでもええわ」

「ええんか」

「ええで」

「先発はこう」



「うむ」

「うむ」

「マルケスとピケの位置が入れ代わっている」

「普段と逆やな」

「これは右サイド対策なのではあるが」

「この試合では、ちょっとこれまでと意味合いが異なる」

「バルサは、守るときは確かに4バックのように守る」



「しかし、攻撃に入ると下のようになる」



「アウベスが行きっぱなしになって、どう見ても3バックにしか見えない」

「ピケがサイドライン際まで開くしな」

スポルティング・リスボン戦で、3バックか4バックかという議論があったが、これと同じことをやっていたとしたら、4バックというのが正しい」

「システムは、守備を基本に表記するべきやからな」

「バルサは、4バックと3バックの間をいったりきたりしながら戦うわけだが」

「攻撃時の配置に問題が多い」

「右サイドを見れば、メシが最初から中に入ってサイドを空けるため、アウベスとの干渉は少なくなる」

「しかし、トコロテン式に他の場所に問題が出る」



「まず、中央に人が多くなり、ディフェンスも集まるのでメシにとってボールが受けにくい」

「どうしても背中からプレッシャーを喰らう場面が多くなり、そうなると辛い」

「おまけに、メシが邪魔でボールがこないからエトーが変な場所に下がる」

「さらに、シャビは前にスペースがないので、センターバックやサイドバックのような位置に下がる」

「結果、下のようになる」



「これはよくない」

「やはり、攻めにおいては、シャビがエトー、エトーがメシの場所に居て、メシが外から中の広いスペースを動く方がいい」

「これでは、攻撃がうまくいかないし、この試合でもうまくいかなかった」

「3点取ったけどな」

「それは、攻めでは、1点目のボールの跳ね方の運が大きい。おまけに、守備では、ピケがカヌテを倒したプレーで笛が鳴ってレッドが出ていればどうなったかわからん試合やで」

「それにしても、ウンディアーノ・マジェンコは、出てくるたびに判定で問題を起こすような気がするが気のせいかね」

「審判は基本的に悪い時だけ目立つから、きちんと統計を取って言わないとかえって問題やと思うけどな」

「さよか」

「前節のヘタッフェ戦は、流れが完全に反バルサで、この試合はバルサが完全に得をしたのは確かやけどな」

「それにしても、下の形ではいかんのかね」



「1-4-2-1-3気味か」

「これで皆さんのベクトルの組み合わせもすっきりで上のような無理をする必要もない」

「それやと、メシとアウベスが衝突するやろ」

「そこはアウベスに控えてもらうしかない」

「おまけに、下の問題も出るやろ」



「メシにクロスのロングボールか」

「それが出ないと困るのだがプジョルではまず無理やろ」

「ケイタもどうやろな」

「この手のパスを出すのはあまり見たことがない」

「マルケスは、左から右より、右から左のロングパスが得意やな」

「そこから右に長く出ないと、結局ボールが左に流れるか、相手にそう仕組まれてしまうことになる」

「そしてチャンスがアンリに行くと」

「この試合でも、モスケラといい形で1対1になるものの、なかなか点にならない」

「瞬発力の衰えかね」

「おそらく」

「相手からしたら、メシ、アウベスで来られるより、アンリ、プジョルで来られる方がましやから、そっちに流すように守りたいわな」

「最近のプジョルは、左サイドで華麗なドリブルとか見せるけどな」

「多分、左の方がボールを体で守った時に、横と後ろに出しやすいから、精神的に楽なんやろな」

「ファンとしては、華麗なプジョルとか見たくない気分やろな」

「なんのファンや」

「試合は、0-1のまま進み」

「後半の交代はいうと」

53分:デ・ムール→ディエゴ・カペル 63分:マレスカ→ロマリッチ


「ふむ」

「カペルが右やな」

「この2人なら、アドリアーノ右が普通なんと違うかね」

「逆にした効果はどうかと見ていると」

「カペルはなにもできない」

「途中から位置を換えるが」

「左でも働けない」

「どないしたんやろな」

「よくわからんが、あれならデ・ムールの方がいい」

「プレッシャーを受けた状況でも、ボールを保てるようになってるしな」

「去年よりもはるかにええで」

「なんにせよ、上の交代の後も点は動かず」

「さらに交代が行われる」

73分:スキラッチ→レナト 75分:ケイタ→セルヒオ・ブスケツ


「スキラッチの交代は純粋に怪我やな」

「ファッチオがセンターバックに下がる」

「彼はパスが惜しかった」

「綺麗な球筋のボールを蹴るのだが、この試合では、肝心なところで味方に渡らなかった」

「結局、78分から2点入って0-3」

「バルサの勝利」

「やはり途中のどうこうを抑えて勝つ」

「見事やな」

「この試合はぎくしゃくしながら展開が有利に働いて勝ち、前のヘタッフェ戦では、展開が完全に不利だったのに引き分けた」

「悪い日の次には良い日がくると」

「そして、バルサと引き分けていたヘタッフェが」

「今節、3-1でレアル・マドリーに勝利」

「先発は以下の通り」



「なかでもアルビンは2得点1アシスト」

「まさに大活躍」

「優秀さを証明した形やな」

「しかし問題も見える」

「なにがや」

「ペペと1対1になると、正面を向き合っても抜けないし、横に張り付かれた場合も何もできない」



「ピケに対してもあかんかったな」

「大きくて速いディフェンダーに、上から押しつぶすように守られるのが苦手のように見える」

「そうかね」

「せめて正面から仕掛けた時にペペとピケを受けに回せたら、もう一つ上のクラブにいけると思うねんけどな」

「その2人に勝てたらそりゃどこでもやっていけるやろ」

「そうは言っても、交代で入ったウチェなんかは、互角近くにやりあえるで」



「ペペと体をつけあっても苦にしないし、縦には抜けないまでも、サイド方向に流れながら前にはいける」

「やはりウチェの性能は大したもんやな」

「前回、マヌー・デ・モラルとアルディン以上の選手を見つけるのは難しいという話があったのだが、ウチェがそれにあたる」

「しかし、彼は怪我に悩まされることが多い」

「その象徴がバック転やな」

「この試合も、3点目を彼が入れて必殺のバック転からバック宙を見せたのだが」

「控え目な回転数だった」

「レクレ時代の半分くらいしかないな」

「一時期、膝を怪我して医者から止められてたことがあったから、回転数が減ったのもその影響だと思われる」

「早く全力でプレーしていただきたいと」

「そう思う次第やな」

「まあ、怪我ばっかりはどうにもならんというのはあるけどな」

「他のチームでいえば、メシとビジャが壊れないことを祈るばかりやな」

「特にビジャは過重労働もいいところで、あれで1シーズン持つのか気になるところではある」

「そんなこんなを心配しつつ」

「ポランスキーもいい選手だというところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」


おまけ:ヘタッフェとマドリーの交代


58分:コントラ→コルテス(怪我)
60分:ソルダド→ウチェ
73分:ポランスキー→セレスティーニ

16分:スナイデル→ファン・デル・ファールト(怪我)
35分:ミゲル・トーレス→ミチェル・サルガド(怪我)
75分:マルセロ→ブエノ

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター