週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[433] [432] [431] [430] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422]
これは、「正しいインサイドキックとは ~練習法~」の続きである。

正しいインサイドキックでは、自然に蹴ることのできる方向として、以下の3種がある。



普段の練習から、これを意識して行う。
例えば、もっとも単純な、2人が向かい合ってパスを交換する場合、次のようになる。



一番上は、蹴り足側に出して、軸足側に蹴る。
二番目は、正面方向に出して、正面方向へ蹴る。
三番目は、軸足側に出して、蹴り足側に蹴る。
真ん中以外は、蹴りたい方向と逆にコントロールしなければならない。
このため、最終的に出したいパスコースから、コントロールの方向を逆算しなければならなくなる。
これは、先のプレーイメージから今のプレーをつくるという点で、初歩的ながらよい訓練になる。

三人でボールを回す場合も同じである。



最後のパスを、どの表面、角度、強さで出すかをイメージしてコントロールを決定する。
ここで、受けるボールとコントロールの角度に注目する。



真ん中とその他を比べる。
一番上は、相対角度が小さく、一番下は大きい。
ターンにおいて、相対角度を小さくできるということは、ある状況に置いて優位に働く。
例えば、下のような練習を考える。
まず、一番右に注目する。



中央の選手が、左足でコントロールしながら180度ターンして右足で背中側の選手にパスを出す。よくある練習である。
正面からずらすパスを使えば、必ずしも、180度ターンをしなくてもよい。それが、中央と左である。
通常、ターンの角度が大きければ大きいほど、コントロールが難しい。
角度を減らすことができるということは、それだけ簡単になる。
ただし、ターンを小さくすることは、その後のパス角度が大きくなることにつながる。



右のように行えば、ターンの練習が主になる。
左のように行えば、パスの方向を変える練習が主になる。
中央は、その間である。
目的に合わせてやりかたを変えるとよい。

最初に例として出した、下のような最も単純な形の練習で、より意識を高めることもできる。



コントロールからパスの間に、パスフェイクを入れるとよい。



上図で、ピンクの矢印がフェイントのパスを表している。
一番上は、正面へのパスフェイクから足をたたんで軸足側へ出す。
中央と下は、軸足側へ出すフェイクから、足を返すか、胸の引きを加えて出す。
これを常に意識しておけば、試合への応用が簡単になる。

まず、一番上のパスは、下の形で使うことができる。



相手をサイドに釣って内側を通す形である。
その実例は下のようになる。



ピンクのパスで、ディフェンスを釣り出し、その裏を通す。
このプレーの詳細は、こちらを参照されたい。

次に、足を返して出すパスは、下の形で使うことができる。



利き足と同じサイドでは、中央に釣ってサイドへ出すことができる。
逆サイドでは、サイドに釣って、中央を通すことができる。
その実例は下のようになる。



ピンクのパスで、ディフェンスを釣り出し、その裏を通す。
このプレーの詳細は、こちらを参照されたい。

このように、正しいインサイドをきちんと練習することは、直接的に試合につながる。

パター型のインサイドでは、下の形から発展のしようがない。



この状態でも意識を高めた練習を行わなければならない。
その場合、ボールを受ける前にルックアップして首を振る、正確にコントロールする、素早くバランスを崩さないように蹴る、受け手が次のプレーに移りやすいパスを出す、出した後に首を振る、といったことが行われる。
これらは、すべて、正しいインサイドキックにも適用できる。
それに、最後のパスから逆算してコントロールを行う、コントロールからフェイントをかけてパスを出す、という要素が加わる。
どちらがより実戦に即しているか、どちらがより上手くなるか、明らかである。

2人や3人、もしくはそれ以上の人数で、ボールを蹴り合う、というのは、遊びでも練習でもよく行われ、練習や試合の空いた時間にもよく行われる。
仮に、週3回練習する選手が、1回の練習やその前後、合間に20分間このような形で蹴るとする。
1週間で1時間であり、年40週練習するなら、40時間になる。
これが10年続けば、400時間である。
1回の練習が2時間であれば、200日分に相当する。

もし、10年パター型に縛られていた選手が、正しい技術を習得しようとしても、すでに半年以上の差がある。
さらに、悪い癖を抜く手間、最初から正しい技術を身につけていた選手もさらに上達することを考えると、その差を埋めるのは非常に難しい。
正しい技術を身につけるのは、一日も早いほうがよい。

正しいインサイドを使えば、フェイントをかけることが日常になる。
それは、新たな技術の開発にもつながりやすい。
例えば、蹴り足側から、軸足側に方向を変化させることを続けているうちに、もっと角度を大きく変えられないかと考えるようになる。
その疑問があれば、色々なこと試すようになる。
一つの解決法として、足をより外側から回し、ももの内側の筋肉で引っ張るように蹴る、というものを見つけだせば、下のようになる。








このように、バリエーションを増やすことは、当然、よいプレーにつながる。
正しいインサイドは、最初から変化を前提としており、また、蹴り方が自然なため、バリエーションをつけやすい。
その点でも、パター型より遥かに優れている。

基本の蹴り方を取得した後、普段の練習の中で、様々に試しながら蹴ることは、新たな技の開発につながるはずである。


補稿:「ひねる蹴り方のインパクト面に関する小考」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター