週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [378] [377]
「さて」

「デル・ボスケ最初の公式戦」

「1-0で勝利」

「まずはめでたい」

「先発はこう」



「スペインは、1-4-1-4-1」

「ボスニア・ヘルツェゴビナは、1-5-3-2」

「押し込まれると、1-5-3-1-1」

「ちなみに、ボスニア・ヘルツェゴビナの選手名で省略されている部分には、すべてヴィッチが入る」

「その守備での狙いはこう」



「中央を厚くして、スペインの攻撃をサイドに流そう、という腹づもりやな」

「そうなる」

「そのスペインのサイドだが」

「右のセルヒオ・ラモスが持つとこう」



「左のカペルが持つとこう」



「いずれにせよ、イニエスタは中央に入るため、彼がサイドでボールを持つ場面は極めて少ない」

「カペルがサイドでボールを持つのは良いのだが、そこで一つ疑問になる点がある」

「なにかね」

「カペルというのは、サイドを縦に突破してクロスを上げるのが得意である」

「いつも顔が下がり気味なのに、いい所に飛ぶという例のあれやな」

「そのプレーが出たとして、中の具合は次のようになる」



「ふむ」

「これではちと困る」

「空中にクロスを上げた場合、頭で叩く力が弱い」

「全員背が低い、空中での競り合いにも強くない、セスクとイニエスタは密集に飛び込むヘディングが苦手である」

「となると、下で合わせるか、逆サイドまで飛ばしてボレーで叩くしかないかね」

「空中のオプションが使いづらいとなると、せっかくカペルが突破してもなかなか点にならない可能性が高い」

「おまけに、セスクとイニエスタでは、カペルのスピードにもついていけそうにないしな」

「その辺りは、今後とも注目しておきたいところであると」

「ちなみに、この日の得点は、スルーパスからビジャが抜け出して、非常に角度のない場所から決めた」

「実に見事なゴールやったな」

「あれができる選手はなかなかいない」

「決め方としては、0607シーズン、チャンピオンズリーグ決勝のインザーギの2点目と良く似ている」

「脇の下を抜くという点ではインザーギの方が難しく、角度という点ではビジャの方が難しい」

「ぜひ、ネットもしくはニュースで映像をご覧いただければと」

「スペイン代表は、この日の前半がこう」



「1-4-1-4-1やな」

「前のデンマーク戦の後半がこう」



「1-4-2-3-1か」

「この日の交代から、その形のオプションはこう」



「ふむ」

「デル・ボスケのスペイン代表は、ワントップの線が濃厚なのかね」

「トーレスが怪我をしているというのもあるが、その気配が強い」

「となると、フォワードの選択が興味深い」



「誰が一番で、誰が二番三番か」

「ワントップなら、メインはビジャやろな」

「セカンドが、トーレスかグィサか」

「各選手をどのような場面でどう使うか」

「非常に興味深い」

「次にトップ下」

「今ならシャビかセスクだが」

「ここにフォワード寄りの選手を置くことも考えられる」

「ラウールやらルイス・ガルシアやらか」

「そこがどうなるか」

「後は、セナの控えかね」

「ディフェンスラインに入った後の動きを見ても、セナは抜群の働きをしている」

「彼の代わりはちょっと見当たらない」

「怪我でもしたらどうするのか」

「実に悩ましい」

「スペインの場合、キーパーからディフェンスラインに関しては、ほとんどいじる必要がないので」

「中盤から前で、上記のようなことに注目されると今後が楽しいのではないかと」

「そんなこんなでまた次回」

「の前に」

「いくつか雑談など」

「まずは、こちらの写真をご覧いただきたい」

「El Mundo紙の写真であるわけだが」

「なぜかビジャがプロレスのリング上でガッツポーズをしているように見える」

「ちょっとラリアットのようにも見えるな」

「次にこの写真」



「得点の部分を見ると、スペインが14-0で勝ったことになっている」

「いくら、ひいきの引き倒しでもやり過ぎやな」

こちらのページなのですが、残念なことに現在は修正されてしまっている」

「ネタで置いておいてくれたらええのに惜しいな」

「最後にカシージャスの背番号」

「12番」

「なんでやろ」

マルカによると、試合前に通達する文章の段階で間違いがあったらしい」

「誰が間違えたんやろな」

「普通は、監督かアシスタントが書くから、その辺やろな」

「これに対してカシージャスは、試合では背番号よりもっと大切なことがいくうもある、として怒っていないらしい」

「さすがやな」

「験をかつぐ選手やと嫌がりそうなもんやしな」

「おまけに自分の背番号には誇りもある」

「ジーコは、ベンチスタートの時、Jリーグの規定で10番以外の番号を強要されたが、試合中一度もウィンドブレーカーを脱がなかった」

「えらい昔の話やな」

「それにしても、キーパーを13番に間違えるならわかるけど、12番というのはよくわからない」

「なんにせよ、二度と見られない貴重な出来事だったというところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」

Rg
ギャラクティコ
デルボスケというとレアルマドリーの頃が印象的です。

ピボ-テはバランス重視でボール奪取力に優れるタイプ。
FWは前線で体を張って、トップ下はシャドーストライカー。
右はフィーゴの突破にサルガドのサポート。
左はジダン(マクマナマン)が切れ込んでロベカルが上がってくる。

セナがマケレレですね。
y2008/09/11 22:36z NAME[草サッカーマニア] WEBLINK[] EDIT[]
Re:ギャラクティコ
イニエスタを左に回すと、非常に似た構造になります。
一つ気になるのは、ロベルト・カルロスとカプデビラの差でしょうか。

ビジャレアルは、カプデビラ、セナ、カソルラが所属し、左にイバガサ、ピレス、マティ・フェルナンデスなどをおきます。
チームの構造として、スペイン代表とビジャレアルの比較も非常に面白いのではないかと思います。
y2008/09/15 05:18z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター