週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
ドイツワールドカップにおける日本代表は、これまでの日本サッカーに対する見方を修正させたという点で画期的な役割を果たした。
しかし、まだそれを覆すまでには至っていない。
例えば、ブラジル戦を担当したスペインのアナウンサーは、中盤の選手がボールを持つと、「右サイドがあいてるからパスを出して、パスをだして、そうそう、それでいい、それでいい」といった声を出していた。これは、少年サッカーを見にいった親が子供たちにかける声と同じであり、日本代表といえども、アナウンサーから下に見られている。
これを、今後の取り組みにより変えることができる。そのきっかけと自信になったワールドカップだと考えられる。

関連記事:ドイツ3試合の今後に向けた分析

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター