週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726] [725] [724] [723]
ここまで、ドリブルで相手を抜くことについて見た。

抜くために、サイドを変えて逆を取る方法が用いられることがある。



1の方向に振って2の方向に抜く、もしくはその逆である。

以前、ドリブルの基本として、その前に浮いた状態、ニュートラルな状態が存在することを見た。

ニュートラルとは、例えば次のような状態である。




その状態を0であわらせば、ドリブルのイメージは次のようになる。



今回、同じサイドでの変化が重要であることを見た。



同じサイドでの変化とは、2から3への変化を指す。

この全ての要素を含むプレーは以下のようである。



















最初にニュートラルを経由し、その後3つの方向に変化する。






しかし、常にこれら全ての要素が存在するわけでない。

次のものは0、すなわちニュートラルな状態が存在しない。


















方向の変化は以下の3つである。



要素としては、最初のニュートラルな部分を欠いている。



また、ニュートラルな部分が存在するものの、逆サイドへのフェイントが欠けているものもある。


















0から2の間で、逆側へのフェイントは見られない。

以前見たように、2で予想されるボールの進路と3の実際の進路は異なる。



全体として次のようにあらわされる。



さらには、2と3を主要とするものもある。

















ニュートラルな状態は存在しない。

逆サイドへの明確なフェイントも存在しない。

2と3の変化を主として抜いている。



これらから、ドリブルでは、サイドを変えるだけでなく、同サイドの変化が重要になることがわかる。

また、最後の2つに見られるように、同サイドの変化を主として相手を抜くことは可能である。




これはドリブルにおいて重要な認識だと考えられる。

この2、3変換が行われた場合、守備は特徴的な反応を示す。

次に、この点について見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター