週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[236] [235] [234] [233] [230] [232] [228] [227] [226] [379] [225]
ロナウジーニョが先発できる状態でありながら途中出場した試合。


・先発


オリンピックのシステムは1-4-1-4-1であるが、ジュニーニョがやや前に出る。


・ロナウジーニョ登場後


58分:フレジ→ケイタ(オリンピック・リヨン、1-2)
68分:ファビオ・サントス→シェルストレーム(オリンピック・リヨン、1-2)
71分:グジョンセン→ロナウジーニョ(バルセロナ、1-2)


・問題


オリンピック・リヨンは、右サイド前方にケイタを入れてドリブルからの突破を狙っている。
これに対して守りを固めるならば、ロナウジーニョの位置に戻りが早く守備に強い選手を入れた方がよい。
ロナウジーニョを入れ、相手が攻めようとしているサイドに穴を空けたことは不可解である。
また、ロナウジーニョが途中出場に向く性格であるかどうかも疑問である。
使わぬなら使わぬで中途半端な起用は止めた方がよいであろう。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター