週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4]
協会に辞表を提出していたルイス・アラゴネスは、会長の説得により残留するという結果に終った。
この出来事は、たぶんに芝居の意味合いが強く、世間の批判をかわすための茶番だと考えられている。
会長との話し合いの後のインタビューでアラゴネスは「わたしは辞任を申し出た。君たちが望んだようにね」とマスコミに対する不快感をあらわにした。
TVEの深夜番組に、カマーチョ、デル・ボスケ、ミチェル、グァルディオーラが出演した。
話題はアイルランドに敗れたスペイン代表に集中し、司会者は上の4人を「代表監督候補」と紹介した。
その中でも本命とされるデル・ボスケには、「代表監督を引き受ける意思はありますか」という質問がなされ、「それはすべての監督にとって夢である」という回答を得た。

あるアンケートでは、7割以上の人が「アラゴネスは辞任すべき」と答えている。
一方、協会は現体制を継続する意思を示している。

カシージャス

セルヒオ・ラモス パブロ プジョル ペルニア

アルベルダ

シャビ・アロンソ セスク

ラウール

ビジャ トーレス


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター