週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4]
国民の9割が「やめるべきだ」と採決を下してるルイス・アラゴネスは、水曜日のアルゼンチンとの親善試合の指揮を取るとのこと。
スウェーデンに0-2で負けた直後のアンケート

・アラゴネスは監督を続けるべきだと思いますか?
はい 8% いいえ 92%

・現在の状況の責任は誰にあると思いますか?
選手 14% アラゴネス 29% サッカー協会 57%

・ラウールの不在は敗戦に影響したと思いますか?
はい 24% いいえ 76%

・スペイン代表はユーロ2008に出場できると思いますか?
はい 32% いいえ 68%
モリエンテスは、ラウールが代表を外れたことに関して、「ルイス(・アラゴネス)はリストを発表する前にラウールに電話をするべきだった」とのべ、その行動は「適切ではなかった」とした。
スペインの1部リーグには20のチームが存在する。
1チームに約4人のフォワードがいるとすると、その合計は80人程度になる。
この中でスペイン人は23人しかいないということだ。
このため、スペイン代表のフォワードは、次の選手の中から選ぶことになる。

アドゥリツ
トーレス
ミスタ
ダニ
ペレーラ
アリスメンディ
リキ
クリスティアン
タムード
ルイス・ガルシア
グィサ
ポルティージョ
トリスタン
ビクトル・カサデスース
ソルダド
ムニティス
ルベン・カストロ
ラウール
ケパ
ビジャ
モリエンテス
ホセ・マリ
セルヒオ・ガルシア
新聞各紙のアンケートによると、80~85%の人がアラゴネスの続投に反対しているとのこと。
会社の違いによらず、ほぼ同じ割合の人が反対票を投じている。
「目標は達成できなかったが、終ってみれば協会も選手もファンも私が続けることに反対していないから辞任はしない」というのがワールドカップ後にルイス・アラゴネスの残した言葉だけに、この結果は意味深い。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター