週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4]
前回は、踏み込みから予想される軌道と、実際の軌道が異なるシュートを見た。

ここでも同様の例を見る。











































踏み込みは、画面右方向である。





ボールは、左へ飛ぶ。





ここでもシュートの表変換が行われている。

拡大図は以下のようである。





























































動作を分解すると次のようである。

踏み込み




踏み込む足のつま先を外側へ開く




膝を内側に巻き込む





蹴り足の膝を跳ね上げる




支持足の膝を伸ばす




これまでと同様の特徴が見られる。

次も表変換の例である。











































踏み込みは、正面方向である。





ボールはより支持足側へと飛ぶ。





拡大図は以下のようである。












































動作を分解すると、以下のようである。

踏み込み



つま先を開く




膝を内側に巻き込む



蹴り足の膝を跳ね上げる



支持足の膝を伸ばす




ここでも、これまでと同じ要素が見られる。

これまでに見たシュートの表変換は、すべてインパクトの前に膝を内側に巻き込んでいる。









この内側に巻き込む動作は、シュートにおいて本質的に重要な意味を持つと考えられる。

次回は、裏変換を見る




--参考 動作の比較

踏み出し





支持足着地





インパクト前





インパクト直後





跳ね上がり





以前、インステップキックとして主に2つの型があることを見た。

1つは楔型であり、1つは弓型であった。

2つを比べた場合、楔型の方が狭いスペースで蹴りやすいなど、シュートに適した特徴を持っていた。

実際に用いられる様子は次のようである。




















































































踏み込みから打ち終わりまでの動きを見る。








縦の動きでボールを蹴る楔形の特徴が現れている。

このシュートは、結果として防がれている。

キーパーがボールに触れる様子は以下のようである。





腕を縮めたままセーブを行っている。



この体勢で、キーパーは腕を伸ばして守備範囲を広げる余地を残している。

たとえば、ボールがこれよりも50cmポスト側、より厳しいコースに飛んだとしても、それを防ぐことは可能だと考えられる。

キーパーは、余裕を残したままシュートを止めている。

これは、相手が蹴る前にその軌道を予測できたためである。

相手の踏み込みに対するキーパーの反応を見る。





インパクト直前、キーパーの左足はすでに体の外に向けて動いている。

これは、体を右に動かすための準備動作である。

ボールが蹴られる前に、実際にボールが飛ぶ方向へ動く準備を整えている。

これが余裕をもってセーブできた大きな理由である。

逆に、攻撃側から見れば、完全にコースを読まれたことになる。

シュートを打つ選手の足を踏み込む動きは、以下のようである。






この動きは、画面左へのシュートを予測させる。

前もって予測される方向へ蹴った場合、当然ながらブロックされる可能性が高まる。

蹴る前にシュートコースがわかる。

ゴールを奪うという点から見れば、これは大きな欠点である。

次に、以下のシュートを見る。
























































足を踏み込む動作は以下のようである。






ボールは飛ぶ方向は以下のようである。






踏み込みから予想される方向に対し、ボールはそれよりも体を支持する足の側へと飛んでいる。

このように、予想と軌道がずれることは相手の反応を難しくすると考えられる。

動作を分解すると、以下のようである。

足を踏み出す。






踏み込む足のつま先を外側へ開く。





インパクトに向けて、右膝を内側に巻き込む。





内側に巻き込んだ膝を、上方に跳ね上げる。





この時、体を支持する足が上方へと伸びる。





ボールは、踏み込みの方向よりも支持足側へ向かう。





実際の軌道が、踏み込みから予想される方向より支持足側にずれる。

このようなキックを、インサイドの例にならい表と呼ぶ。

以下も上と同じ選手のシュートである。






























このキックの動き、インパクト後の姿勢は、楔形の特徴を示している。

以後、特に断らない限り、楔形のシュートを扱う。

踏み込み部分を見る。





画面左、ファーポスト側へ打つように見える。





実際にはニアポスト側へ決まる。

シュートの方向は、支持足側、表側へとずれている。

拡大図は以下のようである。

































動作を分解すると、以下のようである。

踏み込む足のつま先を外側へ開く





膝を内側に巻き込む





蹴り足の膝を跳ね上げる





体を支持する足を上方へと伸ばす





二番目に見たものと同じ要素が見られる。

このような、踏み込みから予想される軌道と、実際の軌道が異なるシュートは、最初に見た予測しやすいシュートの欠点を持たない、もしくは少なくしか持たないと考えられる。

次も同様のシュートを見る


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター